タグ: マルコム

1月公開のおすすめ映画は「デトロイト」「祈りの幕が下りる時」です!

1月26日公開映画『デトロイト』特別映像”衝撃の実話”

「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグロー監督が、黒人たちの不満が爆発して起こった1967年のデトロイト暴動と、その暴動の最中に殺人にまで発展した白人警官による黒人たちへの不当な尋問の様子をリアリティを追求して描いた社会派実録ドラマ。
今も人種問題があるアメリカ。アメリカだけでは無いですが。日本では感じられない角度から考えさせられる事ような映画でしょう。

「デトロイト」
1月26日(金)公開
監督:キャスリン・ビグロー
出演:ジョン・ボヤーガ/ディスミュークス
ウィル・ポールター/クラウス
アルジー・スミス/ラリー
ジェイコブ・ラティモア/フレッド
ジェイソン・ミッチェル/カール
ハンナ・マリー/ジュリー
ケイトリン・デバー/カレン
ジャック・レイナー/デメンズ
ベン・オトゥール/フリン
ネイサン・デイビス・Jr./オーブリー
ペイトン・アレックス・スミス/リー
マルコム・デビッド・ケリー/マイケル
ジョセフ・デビッド=ジョーンズ/モリス
ラズ・アロンソ/コニャーズ下院議員
イフラム・サイクス/ジミー
レオン・トマス3世/ダリル
ベンガ・アキナベ/オーブリー・ポラード・シニア
クリス・チョークフ/ランク警官
ジェレミー・ストロング/ラング弁護士
オースティン・エベール/ロバーツ准尉
ミゲル・ピメンテル/マルコム
ジョン・クラシンスキー/アウアーバッハ弁護士
アンソニー・マッキー/グリーン
「デトロイト」オフィシャルサイト
http://www.longride.jp/detroit/

 

映画『祈りの幕が下りる時』予告2

阿部寛主演東野圭吾原作による「新参者」シリーズの完結編。
父との確執、母の失踪など、これまで明かされることがなかった加賀自身の謎が明らかとなる。東京都葛飾区小菅のアパートで滋賀県在住の押谷道子の絞殺死体が発見された。アパートの住人も姿を消し、住人と押谷の接点は見つからず、滋賀県在住の押谷が東京で殺された理由もわからず捜査は難航する。捜査を進める中で加賀は、押谷が中学の同級生で演出家の浅居博美をたずねて東京にやってきたことを突き止めるが……。

「祈りの幕が下りる時」
1月27日(土)公開
監督:福澤克雄
出演:阿部寛/加賀恭一郎
松嶋菜々子/浅居博美
溝端淳平/松宮脩平
田中麗奈/金森登紀子
キムラ緑子/浅居厚子
烏丸せつこ/宮本康代
春風亭昇太/大林
音尾琢真
飯豊まりえ/浅居博美(20歳)
上杉祥三
中島ひろ子
桜田ひより/浅居博美(14歳)
及川光博
伊藤蘭田島百合子
小日向文世
山崎努/加賀隆正
「祈りの幕が下りる時」オフィシャルサイト
http://inorinomaku-movie.jp/


「猿の惑星:新世紀(ライジング)」を見ました。シーザーが凄かった!猿たちが前作以上に進化!

「猿の惑星:新世紀(ライジング)」を先行上映で、見てきました。

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」から、かなりたちが進化していた。映像技術も進化をしている。アクションだけではなく、たちの表情もリアルで、シーザーたちの苦悩まで、伝わってきた。主役はシーザーたちであり、人間は脇役でした。

進化したと人間が、離れていたのに、エネルギー問題から接触。そして、人間のトラブル発生!さらに、は猿内で、人間は人間内でも考え方の違いなどで、争いが拡大。その中で、のリーダーであるシーザーは、リーダーとして良かった。

今も、世界の各地で内戦や戦争、人種や宗教や政治で争いが絶えない。それを、

「猿の惑星:新世紀(ライジング)」と重ねて考えてしまうと、考えさせらあれる映画である。「猿の惑星:新世紀(ライジング)」は、「猿の惑星」の中で、最高だ。

「猿の惑星:新世紀(ライジング)」先行上映有り
2014年9月19日(金)公開
監督:マット・リーブス
出演:アンディ・サーキス/シーザー
ジェイソン・クラーク/マルコム
ゲイリー・オールドマン/ドレイファス
ケリー・ラッセル/エリー
トビー・ケベル/コバ
コディ・スミット=マクフィー/アレクサンダー
カーク・アセベド/カーヴァ
ニック・サーストン/ブルーアイズ
テリー・ノタリー/ロケット
カリン・コノバル/モーリス
ジュディ・グリア/コーネリア
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」公式サイト
http://www.foxmovies-jp.com/saruwaku-r/


2014年9月に公開のおすすめ映画は「猿の惑星:新世紀(ライジング)」です!先行上映有り!

2014年9月に公開のおすすめ映画は、「猿の惑星」をリブートしたシリーズ第1作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編の「猿の惑星:新世紀(ライジング)」です。

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」から、かなりたちが進化している。映像技術も進化をしている。アクションだけではなく、たちの表情もリアルさをまして、ヒューマンドラマとしての質も、かなり向上しているようです。

単なるSF映画ではなく、「猿の惑星」としての奥深い映画として、「猿の惑星:新世紀(ライジング)」は、最高かもしれない。

「猿の惑星:新世紀(ライジング)」先行上映有り
2014年9月19日(金)公開
監督:マット・リーブス
出演:アンディ・サーキス/シーザー
ジェイソン・クラーク/マルコム
ゲイリー・オールドマン/ドレイファス
ケリー・ラッセル/エリー
トビー・ケベル/コバ
コディ・スミット=マクフィー/アレクサンダー
カーク・アセベド/カーヴァ
ニック・サーストン/ブルーアイズ
テリー・ノタリー/ロケット
カリン・コノバル/モーリス
ジュディ・グリア/コーネリア
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」公式サイト
http://www.foxmovies-jp.com/saruwaku-r/