カテゴリー: 自作PC,PC,ネットワーク

シリコンパワー Blaze B02 SP128GBUF3B02V1Kを購入。128GBのUSB3.0のUSBメモリー。

シリコンパワー Blaze B02 SP128GBUF3B02V1K

シリコンパワー Blaze B02 SP128GBUF3B02V1K

シリコンパワー Blaze B02 SP128GBUF3B02V1Kで、128GBUSB3.0USBメモリーです。

Amazonで買ったので、安かった。

Blaze B02 SP128GBUF3B02V1K

スライで式は壊れそうなので、普通のスティック型のUSBメモリーです。


Synology DS215jのHDDをSeagate ST4000DM004の4TBの2台に交換

Seagate ST4000DM004

Seagate ST4000DM004

Synology DS215jのHDDはミラーリングにすることにしたので、Seagate ST4000DM004の4TBの2台に交換です。

Seagate ST4000DM004

Seagate ST4000DM004

一人で使うので、普通のHDDにしました。

Seagate ST4000DM004

Seagate ST4000DM004

1プラッタ2TBで、バッファも256MBあるので、5400回転でも、それなりには使えそうな気がする。

RAID 1で設定をしようと思っていたのですが、Synology Hybrid RAID (SHR)になっていました。
2台あるので、ほぼRAID 1と同等らしい。


Windows Liveメールのサポート終了したので、Thunderbirdに乗り換え

Thunderbird

Thunderbird

Windows LiveメールからThunderbirdメールソフトを乗り替えました。

ちなみにWindows10です。


SSDにしたら、ReadyBoostは十分に高速だから設定不可らしい

ReadyBoost

ReadyBoost

Windows 10のFMVのノートパソコンを使っています。

ハイブリッドHDDからSSDに換装をしました。

USBメモリーでReadyBoostを使っていたので、そのUSBメモリーでReadyBoostを使用としたのですが、十分に高速ということで設定ができませんでした。

リカバリーをして、SSDに換装をしたから、体感も高速化は出来た。

CPUはi5、SSD、メモリー10GBのWindows 10になるとReadyBoostは、必要ない。


Samsung SSD 850 EVOを自作PCのWindows10でOfficeとAdobeを入れての起動ドライブには500GBで十分!

Samsung SSD 850 EVO

Samsung SSD 850 EVO

Samsung SSD 840 EVOの250GBをしようして、OfficeのワードやエクセルとAdobe Creative Cloudをインストールして使用していました。ただしPhotoshopなどのキャッシュをSSDで高速化するにも容量不足になりそうなことも。

そこで、Samsung SSD 840 EVO250GBSamsung SSD 850 EVO500GBに交換しました。データーはHDDやNASがあるので問題は無い。

Samsung SSD 850 EVO

Samsung SSD 850 EVO

ボディは黒になりました。

Samsung SSD 850 EVO

Samsung SSD 850 EVO

2.5インチなので小さくて薄いです。

Windows 10のインストールは、通常のインストール手順です。

付属のSamsungのCDもありましたが、Windows 10で使うなら、最新版のユーティリティをダウンロードをしましょう。RAPID Modeが有効にならないの場合は、ダウンロードをしたら有効に設定ができました。Samsung MagicianのバージョンはMagician4.9.7です。

SSD 850 EVO シリーズ  Samsung SSDシリーズ
http://www.itgm.co.jp/product/ssd850evo/