Tag: adobe

ASUS ZenPad 8.0 (Z380M)と保護フィルム(BSTPZ380FT)を買いました

Androidタブレットが欲しかったのですが、Adobe Comp CCAndroidで使えなかったのが使えるようになったので、タブレットを買うことにしました。

ASUS ZenPad 8.0 Z380M

ASUS ZenPad 8.0 Z380M

ASUS ZenPad 8.0 (Z380M)

保護フィルム(BSTPZ380FT)

保護フィルム(BSTPZ380FT)

バッファローZenPad 8.0 Z380シリーズ専用 液晶保護フィルム スムースタッチタイプ BSTPZ380FT

買ったのは、ASUS ZenPad 8.0 (Z380M)と保護フィルム(BSTPZ380FT)です。

13インチのノートパソコンはあるし、10インチの大きさは必要はないので、8インチにしました。

ASUS ZenPad 8.0 (Z380M)が約19000円とポイントが付いたので、ポイントで液晶保護フィルム スムースタッチタイプ BSTPZ380FTを買いました。
液晶保護フィルムは、屋外でデジカメの写真を見たりもするので、非光沢のタイプを選びました。

ASUS ZenPad 8.0 (Z380M)は、ブラックです。
メインメモリは、2GBです。
内蔵ストレージは16GBです。
カードスロットは、microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカードです。
液晶は、8型ワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶(LEDバックライト)の1,280×800ドット(WXGA)です。

週末に設定をしようと思います。

2万円以下で買える8インチタブレットを探している人には、オススメです。メモリも2GB!

ASUS ZenPad 8_0 (Z380M) タブレット ASUS 日本
https://www.asus.com/jp/Tablets/ASUS-ZenPad-8-0-Z380M/Features/
ZenPad 8_0 Z380シリーズ専用 液晶保護フィルム スムースタッチタイプ|株式会社バッファロー BUFFALO
http://buffalo.jp/product/tablet/case-film/zenpad_8_z380/film/bstpz380ft/
Adobe Comp CC レイアウト、モックアップ、ワイヤフレーム
http://www.adobe.com/jp/products/comp.html


Samsung SSD 850 EVOを自作PCのWindows10でOfficeとAdobeを入れての起動ドライブには500GBで十分!

Samsung SSD 850 EVO

Samsung SSD 850 EVO

Samsung SSD 840 EVOの250GBをしようして、OfficeのワードやエクセルとAdobe Creative Cloudをインストールして使用していました。ただしPhotoshopなどのキャッシュをSSDで高速化するにも容量不足になりそうなことも。

そこで、Samsung SSD 840 EVO250GBSamsung SSD 850 EVO500GBに交換しました。データーはHDDやNASがあるので問題は無い。

Samsung SSD 850 EVO

Samsung SSD 850 EVO

ボディは黒になりました。

Samsung SSD 850 EVO

Samsung SSD 850 EVO

2.5インチなので小さくて薄いです。

Windows 10のインストールは、通常のインストール手順です。

付属のSamsungのCDもありましたが、Windows 10で使うなら、最新版のユーティリティをダウンロードをしましょう。RAPID Modeが有効にならないの場合は、ダウンロードをしたら有効に設定ができました。Samsung MagicianのバージョンはMagician4.9.7です。

SSD 850 EVO シリーズ  Samsung SSDシリーズ
http://www.itgm.co.jp/product/ssd850evo/


Windows10にアップグレード!自作にクリーンインストール!

Windows10

Windows10

終了間近に、自作PCをWindows7Windows10無償アップグレードをしました。

自作PCに、クリーンインストールをしました。

ISOのデータを作ってのをDVD-Rにして、クリーンインストールをしたところ、スムーズに出来ました。

Office 2013Adobe Creative Cloudもインストールも無事に終わりました。

これまでのWindowsを自作PCにクリーンインストールしたことがあるなら、特に変わりは無くインストールができるだろう。

後は、細かい設定をしてと言うところです。

数日使ってみたが、特に問題も無く使えている。

Windows10のドラーバーとソフトが対応をしているなら、Windows10はいいOSかもしれない。

メモリーは8GBは欲しいところだ。4GBでも動くだろうが、HDDのみの構成では遅く感じるだろう。Adobe Creative Cloudを使うなら16GB以上は欲しい。

Windows – マイクロソフト
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/


Adobe Creative Cloudがいろいろと新機能が追加されてアップデート!

Adobe Creative Cloudがいっぱいアップデートのダウンロード!

Adobeのサイトを見てみたところ、いろいろと新機能が追加されたアップデートでした。
最新のCreative Cloudバージョン  Adobe Creative Cloud機能
http://www.adobe.com/jp/creativecloud/features.html?promoid=JM4FWGH8&mv=other

Adobe Photoshop CCは、コンテンツに応じた切り抜きで自在に切り抜きや回転
Adobe Illustrator CCは、Web・アプリデザイン用アセットの書き出し
など。

Adobe Experience Design CCのプレビュー版を使ってみたいなと思ったのですが、Mac OS X 版のみです。


Adobe Live Best of MAXに行ってきました。進化したAdobe Creative Cloudを聞けて良かった。さらにBeer Bashにも参加!

今日はAdobeAdobe Live Best of MAXに行ってきました。

Adobe Live Best of MAX

Adobe Live Best of MAX

オープニングアクトは白A のパフォーマンスを見ることができて、面白かったです。

ちょうどレスポンシブルサイトを作るのもあったので、ちょうど良かった。

気になっていたMusePhotoshopのアートボードやDreamweaverでのBootstrapのセッションが聞けて良かった。

特にDreamweaverでのBootstrapフレームワークが入っているのは、かなり使えるんだな。

Dreamweaverの進化は凄い!それを使うと便利なんだろうな。覚えなくてはいけないけど。

Adobe Capture CCからスタンプが作れるのがあってしてみました。

Adobe Live Best of MAX

Adobe Live Best of MAX

Adobe Live Best of MAX

Adobe Live Best of MAX

Adobe Live Best of MAX

Adobe Live Best of MAX

クロスバイクがいい感じにできていました。

セッションも終わり、アンケートを出しました。

Adobe Live Best of MAX

Adobe Live Best of MAX

Adobeのロゴ入りの手袋をもらいました。

残りはBeer Bashです。

フードとドリンク付きでした。

Adobe Creative Cloudなどの抽選会もあったのですが、外れました。

Adobe Live Best of MAX

Adobe Live Best of MAX

ステッカーを貼っての抽選もあって、参加賞的なボールペンをもらいました。

これです。Adobeのロゴ入りのフリクションボールペン!

日本のAdobe MAXという感じのイベントだけあって、豪華なイベントでした。良かった。

Adobe Live -Best of MAX- 2015_11_11
https://www.event-web.net/adobelive2015/max/