タグ: ASUS

Intel 11世代 Core i7-11700FとASUS TUF GAMING H570-PRO WIFIとDDR4-3200 32GBに入れ替えました

Core i7-11700FとASUS TUF GAMING H570-PRO WIFIとDDR4-3200 32GB

Core i7-11700FとASUS TUF GAMING H570-PRO WIFIとDDR4-3200 32GB

自作パソコンのCPUをIntel11世代Core i7に交換しました。

CPUはIntel11世代Core i7-11700Fです。
TDPが65Wにしました。
グラフィックカードはNVIDIA GeForce RTX 2060 SUPERがあるので、GPU非搭載です。

Core i7-11700F

Core i7-11700F

マザーボードはZ590かH570で迷いました。
オーバークロックはしないので、H570の中から選ぶことにしました。
ASUS TUF GAMING H570-PRO WIFIにしました。インターネットなどは有線LANですが、デジカメなどをWiFiでつないだりするので、WiFi内臓にしました。

ASUS TUF GAMING H570-PRO WIFI

ASUS TUF GAMING H570-PRO WIFI

ASUS TUF GAMING H570-PRO WIFI

ASUS TUF GAMING H570-PRO WIFI

ASUS TUF GAMING H570-PRO WIFI

ASUS TUF GAMING H570-PRO WIFI

メモリーはAdobeのCreativeCloudの動画のアプリも使うので、DDR4-3200 32GBにしました。

やはり最新のCPUでAdobeのCreativeCloudのアプリが快適に変わりました。
メモリーも32GBですから!


ASUS ZenPad 8.0の液晶保護フィルムを「エレコム TB-AS38CAFLFA」に変えました

ASUS ZenPad 8.0液晶保護フィルムを貼るのを失敗してしまったので、買い直しました。

エレコム 液晶保護フィルム TB-AS38CAFLFA

エレコム 液晶保護フィルム TB-AS38CAFLFA

エレコム指紋防止エアーレスフィルム(反射防止)(TB-AS38CAFLFA)にしました。

エレコム 液晶保護フィルム TB-AS38CAFLFA

エレコム 液晶保護フィルム TB-AS38CAFLFA

貼った直後なので、気泡が残っています。エアーレス加工で、気泡は減りました。

外で、デジカメの写真の確認にも使うから、AG(アンチグレア)加工の反射防止です。

指紋防止加工も効いているようです。指紋が付きにくい。

鉛筆硬度3Hのハードコート加工だそうです。

8インチなので、液晶保護フィルムをキレイに貼るのは簡単ではないです。


ASUS ZenPad 8.0 (Z380M)と保護フィルム(BSTPZ380FT)を買いました

Androidタブレットが欲しかったのですが、Adobe Comp CCAndroidで使えなかったのが使えるようになったので、タブレットを買うことにしました。

ASUS ZenPad 8.0 Z380M

ASUS ZenPad 8.0 Z380M

ASUS ZenPad 8.0 (Z380M)

保護フィルム(BSTPZ380FT)

保護フィルム(BSTPZ380FT)

バッファローZenPad 8.0 Z380シリーズ専用 液晶保護フィルム スムースタッチタイプ BSTPZ380FT

買ったのは、ASUS ZenPad 8.0 (Z380M)と保護フィルム(BSTPZ380FT)です。

13インチのノートパソコンはあるし、10インチの大きさは必要はないので、8インチにしました。

ASUS ZenPad 8.0 (Z380M)が約19000円とポイントが付いたので、ポイントで液晶保護フィルム スムースタッチタイプ BSTPZ380FTを買いました。
液晶保護フィルムは、屋外でデジカメの写真を見たりもするので、非光沢のタイプを選びました。

ASUS ZenPad 8.0 (Z380M)は、ブラックです。
メインメモリは、2GBです。
内蔵ストレージは16GBです。
カードスロットは、microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカードです。
液晶は、8型ワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶(LEDバックライト)の1,280×800ドット(WXGA)です。

週末に設定をしようと思います。

2万円以下で買える8インチタブレットを探している人には、オススメです。メモリも2GB!

ASUS ZenPad 8_0 (Z380M) タブレット ASUS 日本
https://www.asus.com/jp/Tablets/ASUS-ZenPad-8-0-Z380M/Features/
ZenPad 8_0 Z380シリーズ専用 液晶保護フィルム スムースタッチタイプ|株式会社バッファロー BUFFALO
http://buffalo.jp/product/tablet/case-film/zenpad_8_z380/film/bstpz380ft/
Adobe Comp CC レイアウト、モックアップ、ワイヤフレーム
http://www.adobe.com/jp/products/comp.html


自作PCの電源が壊れてしまったのでENERMAX「Revolution-X’tシリーズ ERX630AWT」を秋葉原で購入!80PLUS GOLD!

自作PCの電源が突然壊れてしまいました。

予兆もなく、起動しなくなった。

マザーボードはASUSのH97 PROで、Windows7です。

マザーボードのランプは付いていたので、すぐに原因を特定するのは苦労をしました。

マザーボードのランプが付いているなら、電源は来ているの?でもスイッチを押しても動かないし。ファンも回らない、BIOSの表示されない。

そうなると起動をしない原因はスイッチ類?それてもケーブル類?

まずは電源スイッチをテスト用にしても変化なく、起動をしない。

こうなると原因はマザーボード?電源?

そこで、前に使っていたマザーに電源を刺してみたところ、起動をしなかった。もしかして、電源が壊れているのか?

前の電源と前のマザーボードの組み合わせでは、BIOSとかファンとか動くので、前の電源を今のマザーボードに差しても動かなかった。これは、前の電源の容量とか足りないのだからだろう。

おそらく壊れているのは電源だろうな。

すぐに直したかったので、秋葉原に電源を買いに行くことにしました。

自作PCの構成は
マザーボード:ASUSのH97 PRO
CPU:Intel Core i5 4590 @ 3.30GHz
メモリー:DDR3 8G ×2
グラフィックカード(GPU):NVIDIA GeForce GTX 660
ハードディスク:Samsung SSD 840 EVO 250G、Hitachi HDS722020ALA330、Seagate ST2000DM
光学ドライブ:DVD RW AD-7200S、PIONEER BD-RW BDR-207M S
です。

壊れた電源も650Wと余裕を持たせていました。

新しく買うのも600W~650Wぐらいを考えています。予算は1万円ぐらい。

ENERMAX Revolution-X't ERX630AWT

ENERMAX Revolution-X’t ERX630AWT

買ったのはENERMAX「Revolution-X’tシリーズ ERX630AWT」です。

ENERMAX Revolution-X't ERX630AWT

ENERMAX Revolution-X’t ERX630AWT

電源容量は630Wです。

ENERMAX Revolution-X't ERX630AWT

ENERMAX Revolution-X’t ERX630AWT

80PLUS GOLDです!

80PLUS GOLDの630W電源で約1.1万円で買えた。80PLUS GOLDにしては、安く買えたな。

HeatGuardで、シャットダウンしても、ファンが回っています。熱を排気してから完全に電源を落とすらしいです。

セミプラグインです。マザーボードなどに必ずつなぐのは直づけで、他のはプラグイン。

で、電源を交換したら、いつも通りに起動をしました。何もなかったように。こんなトラブルのあるんですね。

ENERMAX(エナーマックス)日本法人 株式会社クーラージャイアントのWEB SITEへようこそ
http://www.enermaxjapan.com/index.html
ENERMAX 80PLUSゴールド電源 Revolution-X’tシリーズ トップ
http://www.enermaxjapan.com/80plus-gold_530-630-730W_top/Revolution-XT_top.html

 


ASUS「H97-PRO」+Core i5-4590+DDR3 16GB+SAMSUNG「SSD840EVO」は、スコアが7.6で快適!速い!

自作PCのデスクトップパソコンは、CPUCore2 Duoをつかっていたが、HDDの処理時間が長くなってきたし、処理中も長くなってきた。それに、温度も上昇中?これからの夏には、辛いから買い換えよう。

ということで、時間もあったし、H87Z87H97Z97マザーボードも発売され、インテル 最新CPUの、マザーボードCPUを交換することにしました。

今回は、CPUマザーボードを交換が目的です。が、メモリーはDDR2は使えないので、DDR3に買い換えです。HDDも値段が下がってきたので、SSDにすることにしました。そのほかのパーツは流用します。

CPUは、インテルCore i5-4590。コア数  4。動作クロック 3.3GHz。最大クロック(Turbo Boost)3.7GHz。
L3キャッシュ  6MB。 TDP(最大)  84W。
マザーボードは、H97 ATXマザーボードASUS「H97-PRO」M.2ポートSATA Expressポート有り。将来性も考えての「H97-PRO」です。CPUの載せ替えするたまに対応の広さとM.2ポートが将来性を感じるマザーボードの構成になっている。
メモリーは、DDR38Gの2枚で、合計16GB
SSDは、SAMSUNG(サムスン)SSD840EVO ベーシックキット MZ-7TE250B/IT

ASUS「H97-PRO」Core i5-4590

ASUS「H97-PRO」Core i5-4590

SSD840EVO ベーシックキット MZ-7TE250B/IT

SSD840EVO ベーシックキット MZ-7TE250B/IT

OSはWindows 7の64bitです。

SSDクリーンインストールをしました。

インストール、アップデートをする段階でも、HDDと比べると速度の差は予想以上でした。

まずは、コントロールパネルのエクスペリエンス インデックスが高スコア

エクスペリエンス インデックス

エクスペリエンス インデックス

プロセッサーは、7.6
メモリ(RAM)は、7.8
グラフィックスは、7.9
ゲーム用グラフィックスは、7.9
プライマリハードディスクは、7.9
と、どれも高スコア!グラボは、NVIDIA GeForce GTX 660(2047 MB)です。
スコアは、1.0から7.9の範囲なので、超高スコアです。かなりハードなことをしなければ、ストレスは出ないのではないこと思う。

そして、SSDだから、フルに性能を引き出すために、ユーティリティをインストールします。
SAMSUNG(サムスン)SSD840EVO ベーシックキット MZ-7TE250B/ITには、 専用データ移行ソフトSamsung Data Migration(日本語版)Samsung Magician Software Ver4.3 日本語版が付いてきます。
今回は、データ移行はしないので、専用ユーティリティSamsung Magician Software Ver4.3 日本語版をインストールします。

Samsung Magician Software

Samsung Magician Software

Samsung Magician Software

Samsung Magician Software

RAPIDモード(Real-time Accelerated Processing of i/o Data)を有効にしているも有り、
パフォーマンスのベンチマークの結果はすごい!
シーケンシャルの読み出しは824MB/秒シーケンシャル書き込みは995MB/秒

CrystalDiskMarkではどんなベンチマークの結果となるか?

SDDは、
Sequential Read :   635.597 MB/s
Sequential Write :  1129.757 MB/s
Random Read 512KB :   899.578 MB/s
Random Write 512KB :   728.510 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) :    83.092 MB/s [ 20286.2 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) :   586.893 MB/s [143284.4 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) :   380.972 MB/s [ 93010.8 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) :   561.105 MB/s [136988.6 IOPS]

HDDは、
Sequential Read :   109.799 MB/s
Sequential Write :   114.087 MB/s
Random Read 512KB :    17.759 MB/s
Random Write 512KB :    40.214 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) :     0.503 MB/s [   122.7 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) :     0.998 MB/s [   243.6 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) :     0.939 MB/s [   229.3 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) :     0.990 MB/s [   241.8 IOPS]

と、予想以上の差です。桁違いな速度として、体感しました。メモリーを16GBにしていて良かった。
SSD840EVO ベーシックキット MZ-7TE250B/ITの仕様の最大読み込み速度  540MB/s 、
最大書き込み速度  520MB/sを超えている。
RAPIDモードの恩恵は凄いぞ!

Samsung Magician Software

Samsung Magician Software

OS Optimitzation(OSオプティマイザーション)は、最高の信頼性に設定。

Samsung Magician Software

Samsung Magician Software

Over Provisioning(オーバープロビジョニング)は、11.65GBに設定。

Samsung Magician Software

Samsung Magician Software

RAPIDモード(Real-time Accelerated Processing of i/o Data)は、有効にするだけで、設定はSamsung Magician Softwareがしてくれているようです。

これで、起動もスリープからの復帰もシャットダウンもHDDに比べるとあっという間。桁違いのスピードです。予想以上の差!もちろんオフィスもPhotoShopなどのアドビのアプリケーションも速いです!

SSDの容量が250GBで、OSで認識は232GB。これがCドライブの容量となります。マイドキュメントやCドライブに、ファイルやサンプルファイルなどを保存することは避けることをおすすめします。自分のパソコンでは、CドライブはOSとアプリケーションのみ。Dドライブに2TBのHDDにデーターを保存しています。SSDにしたので、サンプルファイルなどもDドライブに保存に変更しました。

ASUS「H97-PRO」Core i5-4690+SSD

ASUS「H97-PRO」Core i5-4690+SSD

最後は、PCケースのシールの張り替えです。

これで完了!シールは完全に自己満足です。ちょっとした自慢です。車のエンブレムと同じだと思ってください。

参考URL
ASUS
http://www.asus.com/jp/
マザーボード – H97-PRO – ASUS
http://www.asus.com/jp/Motherboards/H97PRO/
インテルのホームページへようこそ
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/homepage.html
インテル® Core™ i5 プロセッサー
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/processors/core/core-i5-processor.html
Intel® Core™ i5-4590 Processor (6M Cache, up to 3_70 GHz)
http://ark.intel.com/products/80815/Intel-Core-i5-4590-Processor-6M-Cache-up-to-3_70-GHz
SSD 840 EVO シリーズ Samsung SSDシリーズ
http://www.itgm.co.jp/product/ssd840evo/