タグ: ワイルド・スピード MEGA MAX

「ワイルド・スピード MEGA MAX」(FAST FIVE)感想

「ワイルドスピード」の5作目です。邦題の「ワイルド・スピード MEGA MAX」より「FAST FIVE」の原題の方がカッコイイと思うんですが。

内容はとにかく派手なカーアクション!完全に4作目の続編です。初めはドミニク(ヴィン・ディーゼル)の脱獄から始まりました。

今回はなんと1億ドルをブラジルの闇組織から奪い取るのに「ワイルドスピード」のメンバーを集めました。豪華なメンバーが揃って、さらにドミニク(ヴィン・ディーゼル)とブライアン(ポール・ウォーカー)とミア(ジョーダナ・ブリュースター)を捕まえるにルーク(ドウェイン・ジョンソン)が登場!

で、とにかく派手なカーアクションです!列車から高級車は盗んだらり。ストリートレースで車を獲得するし。さらに警察の駐車場からパトカーを4台盗んで、帰りにレースはするし。TVCMであった、でかい金庫を引っ張り回して、パトカーだけじゃなくて信号とか銀行?まで壊して、凄いです!それも真っ昼間にやるんだからド派手!とにかくでかい金庫を真っ昼間の街中を引っ張り回して、奪おうとするんだから、面白くてしょうがない。ここまでだと、笑えてしまう。

アクションもドミニク(ヴィン・ディーゼル)とルーク(ドウェイン・ジョンソン)の格闘が迫力がありました!二人ともマッチョでスキンヘッドで激しいアクションでした!重量級の素手のアクション!まさに肉弾戦。

集めた仲間をドミニク(ヴィン・ディーゼル)が兄貴のようにまとめて、作戦を実行します。頼れる兄貴です。作戦はありえない作戦で、ビックリです。普通に考えて、金庫を車で引っ張って盗む作戦なんて、普通はありえないです。その作戦をシナリオが面白く、最後まで飽きさせないようになっていました。

今年の最高のカーアクション映画です!

まさか?ミア(ジョーダナ・ブリュースター)に赤ちゃんが!?もちろん、ブライアン(ポール・ウォーカー)の赤ちゃんです。それを聞いたときのブライアン(ポール・ウォーカー)とドミニク(ヴィン・ディーゼル)は嬉しそうで、いいシーンでした。

されにまさか!?エンディングロールで、ルーク(ドウェイン・ジョンソン)が本部に戻って、美人の同僚に渡された資料にまさかのレティの写真が!?えっ!?死んだのでは?

という事は、新キャラのルーク(ドウェイン・ジョンソン)と気になるエンディングロールから次も作ると予告されたも同然です。楽しみです。

もちろん「ワイルドスピード」だから、カッコイイ車!マッチョな男!カッコイイ男!セクシーな女!

細かいことは気にもならないような単純な面白さが最高な映画でした!

ぜひデカイスクリーンで!

帰りは安全運転で!

監督
ジャスティン・リン

キャスト
ヴィン・ディーゼル/ドミニク
ポール・ウォーカー/ブライアン
ジョーダナ・ブリュースター/ミア
ドウェイン・ジョンソン/ルーク
タイリース・ギブソン/ローマン
クリス・“リュダクリス”・ブリッジス/テズ
ドン・オマール/サントス
マット・シュルツ/ヴィンス
サン・カン/ハン

「ワイルド・スピード MEGA MAX」公式サイト
http://mega-max.jp/
「Fast Five Movie Officia Site」(本家、英語)
http://www.fastfivemovie.com/


2011年10月公開のおすすめ映画「ワイルド・スピード MEGA MAX」「はやぶさ/HAYABUSA」「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」「ツレがうつになりまして。」「夜明けの街で」「スマグラー おまえの未来を運べ」

2011年10月公開のおすすめ映画

10月1日公開
「ワイルド・スピード MEGA MAX」(FAST FIVE)
「ワイルド・スピード」シリーズの5作品目です。もちろんキャストはヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースタです!そして、今回はドウェイン・ジョンソンも登場!WWEではザ・ロックがドミニクとブライアンを逮捕するという特命を受けた連邦捜査官・ルーク役です。
今年最大級のカーアクション映画です。カッコイイ・パワーのあるカスタマイズされた車・カッコイイ男・セクシーな女。面白くないなんて、ありえない映画です。
車で見に行く人は、安全運転で帰りましょう!
「ワイルド・スピード MEGA MAX」公式サイト
http://mega-max.jp/
「Fast Five Movie Officia Site」(本家、英語)
http://www.fastfivemovie.com/

10月1日公開
「はやぶさ/HAYABUSA」
2010年奇跡の帰還を果たし、日本だけでなく世界を感動させた小惑星探査機<はやぶさ>の7年間にわたる挑戦と苦闘の日々の物語に基づき描き出す物語。
JAXA(宇宙航空研究開発機構)の全面協力のもと、JAXA相模原キャンパスでのロケもありました。親子で、学生に、理系に興味を持ってくれる人が増えそうな映画です。
監督 堤幸彦
出演 竹内結子、西田敏行、高嶋政宏、佐野史郎、山本耕史
映画『はやぶさ/HAYABUSA』公式サイト 10_1 ROADSHOW
http://movies.foxjapan.com/hayabusa/index.html

10月7日公開
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」(RISE OF THE PLANET OF THE APES)
ピエール・ブール原作のSF映画の金字塔「猿の惑星」を基に、これまでにも映像化されてきたその前日譚を改めて描き直すSFアクション大作。
現代の米サンフランシスコを舞台に、遺伝子操作によって高い知能をもち人間たちを支配しようと企む猿たちがどうなって、どうやって、自我に目覚めて反乱を始めるのか?最新のVFXで、原作では描かれなかった、猿による人間の支配がどう始まったかが新たな解釈で描かれ、楽しみでもあり、遺伝子操作はどうなのか?大人向け映画化もしれない。
監督 ルパート・ワイアット
出演 ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー
映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」オフィシャルサイト
http://www.foxmovies.jp/saruwaku/

10月8日公開
「ツレがうつになりまして。」
「ツレがうつになりまして。」は実話である。作者・細川貂々さんが、夫のうつ病と向き合って暮らした数年間を描いている。最初は周囲に知られたくないと思っていた作者が、「ツレがうつになりまして仕事を下さい!」とカミングアウトしたことで、この本は生まれることになった。夫婦がたくましく成長する物語を、原作のテイストそのままに完全映画化!
温かくなるような映画です。
監督 佐々部清
出演 宮崎あおい、堺雅人、吹越満
映画「ツレがうつになりまして。」公式サイト
http://www.tsureutsu.jp/

10月8日公開
「夜明けの街で」
不倫を忌み嫌っていたはずの中年サラリーマンがふとしたことから派遣社員と恋に落ち、やがて相手から思いも寄らぬ秘密を打ち明けられ、情愛と現実のはざまで関係がねじれていく姿を描くラブストーリー。累計120万部を突破した東野圭吾のベストセラー小説を待望の映画化!
岸谷五朗さん、深田恭子さん、木村多江さんの演技派で、楽しみな映画です。
監督 若松節朗
出演 岸谷五朗、深田恭子、木村多江
映画『夜明けの街で』公式サイト
http://www.yoakenomachide.jp/index.html
 
10月22日公開
「スマグラー おまえの未来を運べ」
砧は借金返済のために、日給5万円という高額の運送屋のアルバイトをすることに。
その金額からしても、普通の仕事ではない。そのリスクのある世界であることをして、どうなるのか?
監督 石井克人
出演 妻夫木聡、永瀬正敏、松雪泰子
映画「スマグラー おまえの未来を運べ」公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/smuggler/index.html 

今年の秋の夜長にはシネコンで過ごすにはイイ映画が揃っています。


2011年9月公開のおすすめ映画、「ライフ いのちをつなぐ物語」「ワイルド・スピード MEGA MAX(先行)」

2011年9月公開のおすすめ映画

9月1日公開
「ライフ ―いのちをつなぐ物語―」
イギリスのBBCのネイチャードキュメンタリー映画です。地球上の全大陸でロケを敢行し、撮影日数のべ3000日、総製作費35億円。
映像が素晴らしい。説明よりも、見て感じる映画でしょう。
日本語版のナレーションは松本幸四郎、松たか子親子です。
「ライフ ―いのちをつなぐ物語―」公式ページ
http://onelifemovie.jp/

10月1日公開
「ワイルド・スピード MEGA MAX」
「ワイルド・スピード」シリーズの5作品目です。もちろんキャストはヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースタです!そして、今回はドウェイン・ジョンソンも登場!WWEではザ・ロックがドミニクとブライアンを逮捕するという特命を受けた連邦捜査官・ルーク役です。
10月1日の日本公開に先駆け、9月の3連休(9月23日(金・祝)、24日(土)、25日(日)に先行上映があるので、9月のおすすめ映画にも入れておきました。
「ワイルド・スピード MEGA MAX」公式サイト
http://mega-max.jp/
「Fast Five Movie  Official Site」(本家、英語)
http://www.fastfivemovie.com/