タグ: 自転車

フリクションスタンプを買いました。自転車のスタンプもあった!

フリクションスタンプ

フリクションスタンプ

フリクションスタンプを買いました。

システム手帳などに使おう。

自転車のもあったので、走った日とかジムに行った日は自転車を押すなど。

サイクリングSPF-12S-71LBです。

フリクションスタンプ

フリクションスタンプ

押すとこんな感じでした。

買ったのはまる(SPF-12-49R)済み(SPF-12-02R)ビックリ(SPF-12-09R)ばつ(SPF-12-50L)サイクリング(SPF-12S-71LB)の5個です。

フリクションスタンプ 専用ケース

フリクションスタンプ 専用ケース

ケースもフリクションスタンプ 専用ケース(SPFC-20-DT)を買いました。

これに5個入ります。

フリクションスタンプ 文具 パーソナル文具 スタンプ 製品情報 PILOT
http://www.pilot.co.jp/products/stationary/personal/stamp/frixionstamp/


「弱虫ペダル×チーバくん」で自転車交通安全!

「弱虫ペダル×チーバくん」で、コラボです!「ちばペダル」!!

ちばペダル|弱虫ペダル×チーバくん ちばペダル〜弱虫ペダルと学ぶ自転車交通安全〜
http://chibapedal.jp/

2017年7月1日から「笑顔とマナーをペダルに乗せて」
http://chibapedal.jp/episode1/
が公開です。

チーバくんって、自転車に乗れるかな?自転車に乗っているアニメーションがあるけど。

ママチャリも、クロスバイクも、ロードバイクも交通安全は大事です!


BRITA fill&goは持ち運べる浄水器!大きめの水筒という感じです!

BRITA fill&go

BRITA fill&go

BRITA fill&goです。色は、ブルーにしました。

大きさは、大きめの水筒です。

BRITA fill&go

BRITA fill&go

開封後!

BRITA fill&go

BRITA fill&go

本体の部分は柔らかいのかな?と思ったが、硬い素材で丈夫そうです。

BRITA fill&go

BRITA fill&go

飲み口です。突起を引っ張って飲むことになります。

これが、何回か使って慣れると普通に使えます。ちょっとコツがあります。

BRITA fill&go

BRITA fill&go

BRITA fill&goのフィルターです。micro discが3枚入っています。

BRITA fill&goは、携帯型浄水器です。

単純に経済的です。大きめですが。

500mlのペットボトルの20%ぐらい大きい。500mlのペットボトルと同じぐらいの大きさが良かったな。

それでも、水道水があればいいので、行く先で水道があればいいから、空にして持って行けるは便利。

クロスバイクで、走りに行くときもいいです。サイクリングにもいいです。
ゲージボトルに入りそうで、入らなかった。
これは、ボトルゲージによっては、入るのかもしれない。BRITA fill&goがくぼみはなく、本体も硬いので、ボトルゲージを選ぶのだろう。
バッグにBRITA fill&goを入れておくのがいいだろう。走りに行って、公園などの水道があれば、いつでも給水が出来る。

大きいですが、BRITA fill&goは、オススメです。


ドラッグストアでカオポカというのを買いました。耳が隠れるので、悪くはないかな。

ドラッグストアで、トレインカオポカというフェイスウオーマーという防寒具をかいました。

カオポカ

カオポカ

これです。色は、チャコールグレーです。
パッケージは結構暖かそうです。

カオポカ

カオポカ

中身はこんな感じです。

耳と口も隠れるようになっています。

カオポカ

カオポカ

裏面です。

カオポカ

カオポカ

口元部分も、それなりに加工されています。

カオポカ

カオポカ

耳は折り返すような感じで、隠れます。

ドラッグストアで、1000円ぐらいなので、悪くはないのかな。

ちょっとメガネが曇ることも。

真冬にクロスバイクに乗るぐらいのスピードで、耳と口だけが隠れるもので、本格的な物でなくてもイイなら、いいかもしれません。


夜中にママチャリで転倒!左膝周辺と左手首周辺を強打してから2ヶ月して思ったこと3

自転車で転んだ件のまとめです。

自分で思っていた以上に、擦り傷などの怪我は大きかったし、結構強打をしていた。

 

41歳ということもあるのか、完治するまで約2ヶ月でした。

擦り傷や切り傷は、キズパワーパッドのおかげで、2週間ぐらいで治りました。

打撲などの怪我が治るのに時間がかかりました。

ママチャリで、転んだだけのケガとしては結構な怪我の方に入るようです。ジーパンに長袖だったので、擦り傷も少なく、砂などの汚れも入らなかったです。

クロスバイクに乗るときも、グローブは必要だ。夏でも機能性ウェアなどで肌の露出は少なくしておいた方が良いのだろうと思いました。そして、持ち物にキズパワーパッドなども追加しました。

念のために病院でレントゲンとMRIも受けましたが、骨などに異常はなくて良かったです。

打撲などは整骨院で、治療をしました。

自転車保険に入っていたので、保険も使えました。通院した日数の金額が出ました。治療費ではないようです。

クロスバイクで乗っているときのために入っていた自転車保険でしたが、ママチャリで転んだときに使うことになるとは。

自転車保険は、誰かを怪我した場合だけでなく、自分が転んだときにも保険金が出るのに入っていた方が良い!

やはりクロスバイクロードバイクだけでなく、ママチャリなど普通の自転車に乗るだけでも自転車保険には加入をすることをオススメします!