タグ: イ・ジュンギ

12月公開のおすすめ映画は「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」「土竜の唄 香港狂騒曲」「MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間」「バイオハザード:ザ・ファイナル」です!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」予告 希望編

「スター・ウォーズ」シリーズの「エピソード3 シスの復讐」「エピソード4 新たなる希望」をつなぐらしいです。
「スターウォーズ」シリーズは見ているので、見に行こうかと思います。
監督はハリウッド版「GODZILLA」のギャレス・エドワーズ。

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」
2016/12/16(金)公開
監督:ギャレス・エドワーズ
出演:フェリシティ・ジョーンズ/ジン・アーソ
ディエゴ・ルナ/キャシアン・アンドア
ドニー・イェン/チアルート・イムウェ
ベン・メンデルソーン
マッツ・ミケルセン
アラン・テュディック
フォレスト・ウィテカー
チアン・ウェン/ベイズ・マルバス
リズ・アーメッド/ボーティー・ルック
「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」公式サイト
http://starwars.disney.co.jp/movie/r1.html

 

「土竜の唄 香港狂騒曲」予告

高橋のぼるの人気コミック「土竜の唄」を、三池崇史監督と宮藤官九郎脚本と生田斗真主演で実写映画化した「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」の続編です。
兜真矢役に瑛太さん、轟迦蓮役に本田翼さん、はぐれヤクザの桜罵百治役に古田新太さん、チャイニーズマフィアのヒットマン・胡蜂役に菜々緒さんです。
予告編も面白そうな感じになっています。菜々緒さんの衣装がセクシーだな。

「土竜の唄 香港狂騒曲」
12/23(金)公開
監督:三池崇史
原作:高橋のぼる
脚本:宮藤官九郎
出演:生田斗/真菊川玲二
瑛太/兜真矢
本田翼/轟迦蓮
古田新太/桜罵百治
菜々緒/胡蜂
上地雄輔/黒川剣太
仲里依紗/若木純奈
堤真一/日浦匡也
吹越満/酒見路夫
遠藤憲一/赤桐一美
皆川猿時/福澄独歩
岩城滉一/轟周宝
久松郁実/チーリン

「土竜の唄 香港狂騒曲」公式サイト
http://mogura-movie.com/

 

映画『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』 予告

ジャズ界の帝王マイルス・デイビスに実際に起こった出来事からインスピレーションを受けたチードルが、共同脚本、製作、自身の主演でマイルスの活動休止期間にスポットを当てる。
上映されるところが少ないのが残念。

「MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間」
12/23(金)公開
監督:ドン・チードル
出演:ドン・チードル/マイルス・デイヴィス
ユアン・マクレガー/デイヴ・ブレイデン
エマヤツィ・コーリナルディ/フランシス・テイラー
キース・スタンフィールド/ジュニア
マイケル・スタールバーグ/ハーパー

「MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間」公式サイト
http://www.miles-ahead.jp/

 

映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』新予告編

カプコンの人気ゲームを映画化したミラ・ジョボビッチ主演による人気アクション「バイオハザード」シリーズの最終作。
主人公アリスは生き残った仲間と共に、事件の元凶である巨大企業アンブレラ社とアンデッドの大群を相手にした最後の戦いに挑む。宿敵アンブレラ社との最終決戦の行方は?
今回は、ミラ・ジョボビッチ以外にもローラが出るのが楽しみです。バラエティの時とは違うクールな感じを予告編で見れたので楽しみです。

「バイオハザード:ザ・ファイナル」
12/23(金)公開
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョボビッチ/アリス
アリ・ラーター/クレア・レッドフィールド
ショーン・ロバーツ
ルビー・ローズ
オーエン・マッケン
ローラ/コバルト
イ・ジュンギ
ウィリアム・レビ/クリスチャン
イアン・グレン/アイザックス
「バイオハザード:ザ・ファイナル」公式サイト
http://www.biohazard6.jp/


「THE HOTEL VENUS ホテル ビーナス」を久しぶりにDVDで見た

 「THE HOTEL VENUS ホテル ビーナス」はSMAPの草彅剛がチョナン・カンとして初主演した映画です。

久しぶりに「ホテル ビーナス」をDVDで買ってあって、見てみようと気分になりました。

ホテル ビーナス

ホテル ビーナス

ビーナスブレンドしかないホテルビーナス。日本映画なのに全編韓国語で、日本語の字幕。基本的にモノクロ風で少しカラーが付いている。舞台もウラジオストック

最初の名台詞「ビーナスの背中を見せてくれ」。そして、「ホテル ビーナス」への合い言葉。

テーマは重く、心にキズや忘れたい過、償いたい過去などを背負ってしまった人たちのストーリーです。登場人物は自分の名前すら、本当なのか?とりあえず呼び名という感じです。

台詞がいい。時にビーナス役の市村正親さんの台詞が字幕というのもあるのだろうけど、イイです。心にしみる台詞があり、落ち込んでいるときや悩んでいるときには染みますね。

チョナン役の草彅剛さんがカッコイイです。この映画は草彅剛さんの主役の映画でも一番かもしれません。タップダンスもかっこよく、似合っています。

ドクター役の香川照之さんは腕のいい医者だったが、手術のミスで、自分のせいだと思い込み、お酒におぼれる日々を過ごす。

ワイフ役の中谷美紀さんはドクターの妻で、元ヤミ看護婦で、ドクターの再起を想い、ホステスをする。

ソーダ役のチョ・ウンジさんは花屋で働いて、将来は自分の花屋をしたいと思っている。

ボウイ役のイ・ジュンギさんは幼い頃ホテルビーナスのカフェに置き去りにされた孤児。強くなりたいと思い自称「殺し屋」と言っている。

ビーナス役の市村正親さんは「ホテル ビーナス」のオーナー。片足が不自由な老オカマ。

ガイ役のパク・ジョンウさんは少女を連れてやってきた男。無口でなにか人と関わることを避けている。

サイ役のコ・ドヒさんはガイに連れられてきた少女。全く笑わず、食事にも手をつけない。

監督はタカハタ秀太

LOVE PSYCHEDELICOの音楽が効果的に使われて、モノクロ風の映像とカット割りで、スタイリッシュに仕上がっている重要な要素になっている。

「THE HOTEL VENUS ホテル ビーナス」公式ページ
http://www.hotelvenus.net/