タグ: サン・カン

「ワイルド・スピード EURO MISSION」を見ました。面白かった!カーアクションなのに戦車と飛行機が!

「ワイルドスピード」シリーズ6作目「ワイルド・スピード EURO MISSION」(Fast & Furious 6を見ました。かっこよかったし、面白かった!

冒頭のドミニク・トレット役のヴィン・ディーゼルクライスラー ダッジ・チャレンジャー SRT8で、ブライアン・オコナー役のポール・ウォーカー日産・GT-Rでのバトル走行?かと思ったら、ミア・トレット役のジョーダナ・ブリュースターの出産で急いでいた。無事に男の子のジャックが生まれた。やっぱりおもちゃは車!青の日産・GT-Rです。でもドミニクは、クライスラー ダッジ?をプレゼントするという「ワイルド・スピード EURO MISSION」のファミリーが今作のテーマになっているのがわかる。

ストーリーは死んだはずの元恋人のレティ・オルティス役のミシェル・ロドリゲスが生きている?レティを取り戻すためにドミニクはヨーロッパに向かう。もちろんブライアン・オコナー、ローマン・ピアース、テズ・パーカー、ハン・ルー、ジゼル・ヤシャのチームを集めます。今回、ミア・トレットは息子・ジャックが生まれたばかりで、お留守番です。そして、オーウェン・ショウ率いるヨーロッパを拠点に大きな犯行を繰り返す国際的犯罪組織から、レティを取り戻し、恩赦で自由を取り戻すために向かう。レティがなぜ生きていたのか?ここで、ブラガが関わっていた?とストーリーも悪くはなく、ファミリーやドミニクの絆を大切にする内容で進んでいきます。

ロンドンでのレティジェンセン・インターセプタードミニククライスラー ダッジ・チャージャー・デイトナ公道レースも面白かったです。もちろんニトロも搭載し、加速してます!

「ワイルドスピード」シリーズの中でも、「ワイルド・スピード EURO MISSION」は、格闘シーンの多い。ルーク・ホブス役のドゥエイン・ジョンソンは強かった!もちろん、ドミニク・トレットも強いのですが、やっぱりプロレスラーのドゥエイン・ジョンソンの方が強いようだ。

オーウェン・ショウが乗っているフォーミュラーカーの骨組みのようなフリップ・カー。2台あるようです。車の前の中央部が、相手の車や車のタイヤの下に滑り込ませて、車両ごと跳ね上げるという驚きの形というか特殊機能を持った車です。もちろん、速いし!ドミニクブライアンホブス達は苦戦をする。

予告編にあった、戦車が高速道路を爆走するなんて。しかも、結構なスピードで戦車が走行してるし、戦車って速いの?どんどん車をペシャンコに潰しまくり、中央分離帯を破壊して反対車線を爆走!橋とか打ち壊しちゃうし。凄いな。これはカーアクションを超えている!前作の「ワイルド・スピード MEGA MAX」で、金庫を引っ張って、盗んだのを超えている。

さらに、飛行場で、ショウ達の飛行機というか輸送機とドミニク達が車で追いかける。その飛行機にはミア・トレットも乗っている。しかも、飛行機は飛行中です。それを相手にドミニク達が車で、ショウを追うのだから、凄い。ルーク・ホブスも一緒で、ここでもアクションシーンで戦ってます。最後は、凄いことになっていました!

エンドロール付近で、ドミニク達とハンとの関係について、何かがあったことを思わせるようなシーンがある。新たな登場人物と「ワイルドスピード」の続編があると思わせてくれるようなシーンだ。ちなみに「ワイルドスピード」7作目は決定している。このシーンで、今までは、「ワイルドスピード」は順番に進んでいるが、3作目は番外編的存在かと思っていた時間軸が違っていたようだ。「ワイルドスピード」(1作目)→「ワイルドスピード X2」(2作目)→「ワイルドスピード MAX」(4作目)→「ワイルドスピード MEGA MAX」(5作目)→「ワイルドスピード EURO MISSION」(6作目)→「ワイルドスピード 3 TOKYO DRIFT」(3作目)となっているようです。そうなると、「ワイルドスピード」7作目の舞台はどこになるのか?楽しみです。

面白かったから、「ワイルドスピード」を見直そうかと思う。この迫力は、スクリーンで楽しむことをおすすめします!!

 

「ワイルド・スピード EURO MISSION」
2013年7月6日(土)公開
監督:ジャスティン・リン
出演者:ヴィン・ディーゼル:ドミニク・トレット
ポール・ウォーカーミア:ブライアン・オコナー
ドウェイン・ジョンソン:ルーク・ホッブス
ジョーダナ・ブリュースター:ミア・トレット
ミシェル・ロドリゲスミア:レティ・オルティス
タイリース・ギブソン:ローマン・ピアース
サン・カン:ハン・ルー
ガル・ギャドット:ジゼル
クリス・“リュダクリス”・ブリッジス
ルーク・エヴァンス:オーウェン・ショー
エルサ・パタキ:エレナ・ネベス
ジーナ・カラーノ
ジョー・タスリム
「ワイルド・スピード EURO MISSION」公式サイト
http://euro-mission.com/


2013年7月公開のおすすめ映画「ワイルド・スピード EURO MISSION」「風立ちぬ」

「ワイルド・スピード EURO MISSION」
2013年7月6日(土)公開
「ワイルド・スピード EURO MISSION」は、「ワイルドスピード」シリーズ6作目です。「FAST & FURIOUS 6」が、邦題では「ワイルド・スピード EURO MISSION」となっています。ドミニク・トレット役のヴィン・ディーゼルブライアン・オコナー役のポール・ウォーカーミア・トレット役のジョーダナ・ブリュースター達が今度はヨーロッパを舞台に超絶カーチェイス。なぜか死んだはずの元恋人のレティ・オルティス役のミシェル・ロドリゲスが国際犯罪組織で活躍してる?ルーク・ホブス役のドゥエイン・ジョンソンも前作に引き続き登場し、協力を依頼するらしい。ここまで、シリーズ化が続くなんて、嬉しい驚きです。噂では、次もあるようです。
「ワイルド・スピード EURO MISSION」
監督:ジャスティン・リン
出演者:ヴィン・ディーゼル:ドミニク・トレット
ポール・ウォーカーミア:ブライアン・オコナー
ドウェイン・ジョンソン:ルーク・ホッブス
ジョーダナ・ブリュースター:ミア・トレット
ミシェル・ロドリゲスミア:レティ・オルティス
タイリース・ギブソン:ローマン・ピアース
サン・カン:ハン・ルー
ガル・ギャドット:ジゼル
クリス・“リュダクリス”・ブリッジス
ルーク・エヴァンス:オーウェン・ショー
エルサ・パタキ:エレナ・ネベス
ジーナ・カラーノ
ジョー・タスリム
「ワイルド・スピード EURO MISSION」公式サイト
http://euro-mission.com/

 

「風立ちぬ」
2013年7月20日(土)公開
宮崎監督を務めるのは2008年の「崖の上のポニョ」以来となるジブリ映画です。ゼロ戦の設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに、1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の姿を描くアニメとなり、声優が主人公は庵野秀明監督さんだけではなく、瀧本美織さん、西島秀俊西村雅彦と楽しみです。
「風立ちぬ」
監督:宮崎駿
出演者:庵野秀明:堀越二郎
瀧本美織:里見菜穂子
西島秀俊:本庄季郎
西村雅彦:黒川
スティーブン・アルパート:カストルプ
風間杜夫:里見
竹下景子:二郎の母
志田未来:堀越加代
國村隼:服部
大竹しのぶ:黒川夫人
野村萬斎:カプローニ
「風立ちぬ」公式サイト
http://www.kazetachinu.jp/


「ワイルド・スピード EURO MISSION」の7月6日の公開前に

「ワイルド・スピード」「ワイルド・スピード EURO MISSION」で、シリーズ6作目!!

ドミニク・トレット役のヴィン・ディーゼルブライアン・オコナー役のポール・ウォーカーミア・トレット役のジョーダナ・ブリュースター達が今度はヨーロッパを舞台に超絶カーチェイス。なぜか死んだはずの元恋人のレティ・オルティス役のミシェル・ロドリゲスが国際犯罪組織で活躍してる?ルーク・ホブス役のドゥエイン・ジョンソンも前作に引き続き登場し、協力を依頼するらしい。ここまで、シリーズ化が続くなんて、嬉しい驚きです。噂では、次もあるようです。

TVCMも始まって、今から楽しみです。公開日の7月6日に見に行こう!

「ワイルド・スピード」シリーズ6作目となるが、見たことがある人なら「ワイルド・スピード EURO MISSION」の公式サイト:http://euro-mission.com/を見るのがオススメです。予告編特報が見れます。サントラは発売されているので、買ってみるのもいいでしょう。きっと、聞きながら、車で見に行くのがオススメです。もし、見たことがないのであればオススメの見方は、「ワイルドスピード」「ワイルド・スピード MAX」「ワイルド・スピード MAX」のシリーズの1・4・5作目を見れば楽しめるでしょう。登場人物の成長がわかります。シリーズの2・3は、時間があればで良いかもしれません。

「ワイルド・スピード EURO MISSION」
監督:ジャスティン・リン
出演者:ヴィン・ディーゼル:ドミニク・トレット
ポール・ウォーカーミア:ブライアン・オコナー
ドウェイン・ジョンソン:ルーク・ホッブス
ジョーダナ・ブリュースター:ミア・トレット
ミシェル・ロドリゲスミア:レティ・オルティス
タイリース・ギブソン:ローマン・ピアース
サン・カン:ハン・ルー
ガル・ギャドット:ジゼル
クリス・“リュダクリス”・ブリッジス
ルーク・エヴァンス:オーウェン・ショー
エルサ・パタキ:エレナ・ネベス
ジーナ・カラーノ
ジョー・タスリム
「ワイルド・スピード EURO MISSION」公式サイト
http://euro-mission.com/


「ワイルド・スピード MEGA MAX」(FAST FIVE)感想

「ワイルドスピード」の5作目です。邦題の「ワイルド・スピード MEGA MAX」より「FAST FIVE」の原題の方がカッコイイと思うんですが。

内容はとにかく派手なカーアクション!完全に4作目の続編です。初めはドミニク(ヴィン・ディーゼル)の脱獄から始まりました。

今回はなんと1億ドルをブラジルの闇組織から奪い取るのに「ワイルドスピード」のメンバーを集めました。豪華なメンバーが揃って、さらにドミニク(ヴィン・ディーゼル)とブライアン(ポール・ウォーカー)とミア(ジョーダナ・ブリュースター)を捕まえるにルーク(ドウェイン・ジョンソン)が登場!

で、とにかく派手なカーアクションです!列車から高級車は盗んだらり。ストリートレースで車を獲得するし。さらに警察の駐車場からパトカーを4台盗んで、帰りにレースはするし。TVCMであった、でかい金庫を引っ張り回して、パトカーだけじゃなくて信号とか銀行?まで壊して、凄いです!それも真っ昼間にやるんだからド派手!とにかくでかい金庫を真っ昼間の街中を引っ張り回して、奪おうとするんだから、面白くてしょうがない。ここまでだと、笑えてしまう。

アクションもドミニク(ヴィン・ディーゼル)とルーク(ドウェイン・ジョンソン)の格闘が迫力がありました!二人ともマッチョでスキンヘッドで激しいアクションでした!重量級の素手のアクション!まさに肉弾戦。

集めた仲間をドミニク(ヴィン・ディーゼル)が兄貴のようにまとめて、作戦を実行します。頼れる兄貴です。作戦はありえない作戦で、ビックリです。普通に考えて、金庫を車で引っ張って盗む作戦なんて、普通はありえないです。その作戦をシナリオが面白く、最後まで飽きさせないようになっていました。

今年の最高のカーアクション映画です!

まさか?ミア(ジョーダナ・ブリュースター)に赤ちゃんが!?もちろん、ブライアン(ポール・ウォーカー)の赤ちゃんです。それを聞いたときのブライアン(ポール・ウォーカー)とドミニク(ヴィン・ディーゼル)は嬉しそうで、いいシーンでした。

されにまさか!?エンディングロールで、ルーク(ドウェイン・ジョンソン)が本部に戻って、美人の同僚に渡された資料にまさかのレティの写真が!?えっ!?死んだのでは?

という事は、新キャラのルーク(ドウェイン・ジョンソン)と気になるエンディングロールから次も作ると予告されたも同然です。楽しみです。

もちろん「ワイルドスピード」だから、カッコイイ車!マッチョな男!カッコイイ男!セクシーな女!

細かいことは気にもならないような単純な面白さが最高な映画でした!

ぜひデカイスクリーンで!

帰りは安全運転で!

監督
ジャスティン・リン

キャスト
ヴィン・ディーゼル/ドミニク
ポール・ウォーカー/ブライアン
ジョーダナ・ブリュースター/ミア
ドウェイン・ジョンソン/ルーク
タイリース・ギブソン/ローマン
クリス・“リュダクリス”・ブリッジス/テズ
ドン・オマール/サントス
マット・シュルツ/ヴィンス
サン・カン/ハン

「ワイルド・スピード MEGA MAX」公式サイト
http://mega-max.jp/
「Fast Five Movie Officia Site」(本家、英語)
http://www.fastfivemovie.com/