タグ: ジェレミー・ストロング

1月公開のおすすめ映画は「デトロイト」「祈りの幕が下りる時」です!

1月26日公開映画『デトロイト』特別映像”衝撃の実話”

「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグロー監督が、黒人たちの不満が爆発して起こった1967年のデトロイト暴動と、その暴動の最中に殺人にまで発展した白人警官による黒人たちへの不当な尋問の様子をリアリティを追求して描いた社会派実録ドラマ。
今も人種問題があるアメリカ。アメリカだけでは無いですが。日本では感じられない角度から考えさせられる事ような映画でしょう。

「デトロイト」
1月26日(金)公開
監督:キャスリン・ビグロー
出演:ジョン・ボヤーガ/ディスミュークス
ウィル・ポールター/クラウス
アルジー・スミス/ラリー
ジェイコブ・ラティモア/フレッド
ジェイソン・ミッチェル/カール
ハンナ・マリー/ジュリー
ケイトリン・デバー/カレン
ジャック・レイナー/デメンズ
ベン・オトゥール/フリン
ネイサン・デイビス・Jr./オーブリー
ペイトン・アレックス・スミス/リー
マルコム・デビッド・ケリー/マイケル
ジョセフ・デビッド=ジョーンズ/モリス
ラズ・アロンソ/コニャーズ下院議員
イフラム・サイクス/ジミー
レオン・トマス3世/ダリル
ベンガ・アキナベ/オーブリー・ポラード・シニア
クリス・チョークフ/ランク警官
ジェレミー・ストロング/ラング弁護士
オースティン・エベール/ロバーツ准尉
ミゲル・ピメンテル/マルコム
ジョン・クラシンスキー/アウアーバッハ弁護士
アンソニー・マッキー/グリーン
「デトロイト」オフィシャルサイト
http://www.longride.jp/detroit/

 

映画『祈りの幕が下りる時』予告2

阿部寛主演東野圭吾原作による「新参者」シリーズの完結編。
父との確執、母の失踪など、これまで明かされることがなかった加賀自身の謎が明らかとなる。東京都葛飾区小菅のアパートで滋賀県在住の押谷道子の絞殺死体が発見された。アパートの住人も姿を消し、住人と押谷の接点は見つからず、滋賀県在住の押谷が東京で殺された理由もわからず捜査は難航する。捜査を進める中で加賀は、押谷が中学の同級生で演出家の浅居博美をたずねて東京にやってきたことを突き止めるが……。

「祈りの幕が下りる時」
1月27日(土)公開
監督:福澤克雄
出演:阿部寛/加賀恭一郎
松嶋菜々子/浅居博美
溝端淳平/松宮脩平
田中麗奈/金森登紀子
キムラ緑子/浅居厚子
烏丸せつこ/宮本康代
春風亭昇太/大林
音尾琢真
飯豊まりえ/浅居博美(20歳)
上杉祥三
中島ひろ子
桜田ひより/浅居博美(14歳)
及川光博
伊藤蘭田島百合子
小日向文世
山崎努/加賀隆正
「祈りの幕が下りる時」オフィシャルサイト
http://inorinomaku-movie.jp/


「ブラック・スキャンダル」の感想。ジョニー・デップが怖すぎ!ドキュメンタリーっぽくて良かった

映画 『ブラック・スキャンダル』予告1

ジョニー・デップが本作では薄毛オールバックに革ジャン姿で冷酷なギャング「実在の凶悪犯ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャー」。やっぱり、ジョニー・デップが演技が怖すぎるほどで、良かった。

ビリー・バルジャー役のベネディクト・カンバーバッチが出演が少なめだったのですが、いい雰囲気で存在感がありました。

これが実話だから、エンターテインメントなギャング映画を見たい人にはオススメはしないです。実話のドキュメンタリーっぽくした映画という感じです。

邦題が「ブラック・スキャンダル」というのが、ちょっと残念。原題の「Black Mass」のままが良かった。

「ブラック・スキャンダル」
2016/1/30(土)公開
監督:スコット・クーパー
出演:ジョニー・デップ/ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャー
ジョエル・エドガートン/ジョン・コノリー
ベネディクト・カンバーバッチ/ビリー・バルジャー
ロリー・コクレインス/ティーブン・フレミ
ジェシー・プレモンス/ケビン・ウィークス
デビッド・ハーバー/ジョン・モリス
ダコタ・ジョンソン/リンジー・シル
ジュリアンヌ・ニコルソン/マリアン・コノリー
ケビン・ベーコン/チャールズ・マグワイア
コリー・ストール/フレッド・ワイシャック
ピーター・サースガード/ブライアン・ハロラン
アダム・スコット/ロバート・フィッツパトリック
ジュノー・テンプル/デボラ・ハッセー
ジェレミー・ストロング
ブラッド・カーター
W・アール・ブラウン
「ブラック・スキャンダル」公式サイト
https://warnerbros.co.jp/c/movies/blackmass/


2016年1月に公開のおすすめ映画は「ブリッジ・オブ・スパイ」「ブラック・スキャンダル」「猫なんかよんでもこない。」「さらば あぶない刑事」です!

1月に公開のおすすめ映画は「ブリッジ・オブ・スパイ」「ブラック・スキャンダル」「猫なんかよんでもこない。」「さらば あぶない刑事」です

映画『ブリッジ・オブ・スパイ』予告B(60秒)

スティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演、ジョエル&イーサン・コーエン脚本とです。
1950~60年代の米ソ冷戦下で起こった実話を描いたサスペンスドラマです。

「ブリッジ・オブ・スパイ」
2016/1/8(金)公開
監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:トム・ハンクス/ジェームズ・ドノバン
マーク・ライランス/ルドルフ・アベル
スコット・シェパード/ホフマン
エイミー・ライアン/メアリー・ドノバン
セバスチャン・コッホ/ウルフガング・ボーゲル
アラン・アルダ/トーマス・ワッターズ
オースティン・ストウェル/フランシス・ゲイリー・パワーズ
ミハイル・ゴアボイ/イワン・シーシキン
ウィル・ロジャース/フレデリック・プライヤー
「ブリッジ・オブ・スパイ」公式サイト
http://www.foxmovies-jp.com/bridgeofspy/

 

映画 『ブラック・スキャンダル』予告1

ジョニー・デップがFBI史上最高の懸賞金をかけられた実在の凶悪犯ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーを演じたクライムドラマです。
ジョニー・デップが本作では薄毛オールバックに革ジャン姿で冷酷なギャングを怪演。

「ブラック・スキャンダル」
2016/1/30(土)公開
監督:スコット・クーパー
出演:ジョニー・デップ/ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャー
ジョエル・エドガートン/ジョン・コノリー
ベネディクト・カンバーバッチ/ビリー・バルジャー
ロリー・コクレインス/ティーブン・フレミ
ジェシー・プレモンス/ケビン・ウィークス
デビッド・ハーバー/ジョン・モリス
ダコタ・ジョンソン/リンジー・シル
ジュリアンヌ・ニコルソン/マリアン・コノリー
ケビン・ベーコン/チャールズ・マグワイア
コリー・ストール/フレッド・ワイシャック
ピーター・サースガード/ブライアン・ハロラン
アダム・スコット/ロバート・フィッツパトリック
ジュノー・テンプル/デボラ・ハッセー
ジェレミー・ストロング
ブラッド・カーター
W・アール・ブラウン
「ブラック・スキャンダル」公式サイト
https://warnerbros.co.jp/c/movies/blackmass/

 

映画『猫なんかよんでもこない。』劇場予告編

冴えないボクサーと2匹の猫が織り成す可笑しくも切ない日常をつづった杉作による実話コミック「猫なんかよんでもこない。」を実写映画化です。
まさか「猫なんかよんでもこない。」が実写で映画化で、チンとクロがいっぱい出てくるし、猫好きとしては見に行こう。

「猫なんかよんでもこない。」
2016/1/30(土)公開
監督:山本透
出演:風間俊介/杉田ミツオ
つるの剛士/兄貴
松岡茉優/ウメ
内田淳子
矢柴俊博
市川実和子
「猫なんかよんでもこない。」公式サイト
http://nekoyon-movie.com/

 

「さらば あぶない刑事」予告編

1986年のテレビドラマ第1作以来、長らく愛され続けている「あぶない刑事」の劇場版第7作です。
定年退職まであと5日となったタカユージが、凶悪な中南米マフィアとの戦いに立ち向かう。
もちろん主演の舘ひろし柴田恭兵で、浅野温子仲村トオルも出演です。
監督はテレビ版の演出も手がけてきた村川透、脚本もシリーズ中で最多の脚本を担ってきた柏原寛司です。
また横浜でタカユージの活躍が楽しみです。

「さらば あぶない刑事 」
2016/1/30(土)公開
監督:村川透
出演:舘ひろし/鷹山敏樹
柴田恭兵大/下勇次
浅野温/子真山薫
仲村トオル/町田透
吉川晃司
菜々緒
木の実ナナ
小林稔侍
ベンガル
山西道広
伊藤洋三郎
長谷部香苗
夕輝壽太
吉沢亮
入江甚儀
片桐竜次
「さらば あぶない刑事 」公式サイト
http://www.abu-deka.com/