タグ: ジョン・リスゴー

2月公開のおすすめ映画は「1917 命をかけた伝令」「スキャンダル」「栄光のマイヨジョーヌ」「黒い司法 0%からの奇跡」です!

2月公開のおすすめ映画は「1917 命をかけた伝令」「スキャンダル」「栄光のマイヨジョーヌ」「黒い司法 0%からの奇跡」です!

全編ワンカット映像!
登場人物の感情の流れや臨場感を表現する<長回し>として多くの監督が【ワンシーン ワンカットの撮影】を取り入れてきた。本作では、2人の主人公たちの行動に寄り添い、究極の没入感を表現するため、約2か月の撮影期間を経て【全編を通してワンカットに見える映像】を創り上げた。
臨場感が凄そうな映像です。

「1917 命をかけた伝令」
2月14日(金)公開
監督:サム・メンデス
出演:スコフィールド/ジョージ・マッケイ
ブレイク ディーン=チャールズ・チャップマン
スミス大尉/マーク・ストロング
レスリー中尉/アンドリュー・スコット
ブレイク中尉/リチャード・マッデン
エリンモア将軍/コリン・ファース
マッケンジー大佐/ベネディクト・カンバーバッチ

「1917 命をかけた伝令」オフィシャルサイト
https://1917-movie.jp/

 

公式『スキャンダル』2.21公開/本予告

2016年にアメリカで実際に起こった女性キャスターへのセクハラ騒動をシャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーの豪華共演で映画化。
実在のスキャンダルを描いた本作、この事件を葬ってはならないと決意した『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のアカデミー賞®受賞脚本家がシナリオを書き上げ、シャーリーズ・セロンがプロデューサーに名乗りを上げ、遂に映画化が実現!

「スキャンダル」
2月21日(金)(金)公開
監督:ジェイ・ローチ
出演:メーガン・ケリー/シャーリーズ・セロン
ニコール・キッドマン
グレッチェン・カールソン/ニコール・キッドマン
ケイラ・ポスピシル/マーゴット・ロビー
ロジャー・エイルズ/ジョン・リスゴー
ジェス・カー/ケイト・マッキノン
ベス・エイルズ/コニー・ブリットン
ルパート・マードック/マルコム・マクダウェル
スーザン・エストリッチ/アリソン・ジャネイ
リリー/リブ・ヒューソン
ジュリア/ブリジット・ランディ=ペイン
ギル/ロブ・ディレイニー
ダグ/マーク・デュプラス
スティーブン・ルート
ロビン・ワイガート
エイミー・ランデッカー
マーク・モーゼス
ナザニン・ボニアディ
ベン・ローソン
ジョシュ・ローソン
ブルック・スミス
ジェニファー・モリソン
アシュリー・グリーン
アリス・イブ
P・J・バーン

「スキャンダル」オフィシャルサイト
https://gaga.ne.jp/scandal/

 

映画『栄光のマイヨジョーヌ』予告編

オーストラリアのプロ・サイクリング・ロードレースチーム「グリーンエッジ」に密着したドキュメンタリー。
シネコンで、見たら、迫力がありそうです。
国際レースに臨んだチームの5年間のツアーに密着し、勢いに乗る選手、困難にぶつかる選手、さまざまな選手たちの姿を通して「グリーンエッジ」というチームの信念を描いていく。とあるので、面白そうです。

「栄光のマイヨジョーヌ」
2月28日(金)公開
監督:ダン・ジョーンズ、マーカス・コブレディック
出演:エステバン・チャベス
サイモン・ゲランス
マシュー・ヘイマン
フィル・リジェット
ロビー・マックウェン
ニール・スティーブンス
「栄光のマイヨジョーヌ」オフィシャルサイト
https://www.greenedge-movie.com/

 

映画『黒い司法 0%からの奇跡』本予告 2020年2月28日(金)公開

冤罪の死刑囚たちのために奮闘する弁護士ブライアン・スティーブンソンの実話を、「クリード チャンプを継ぐ男」「ブラックパンサー」のマイケル・B・ジョーダン主演で映画化したヒューマンドラマ。
黒人への差別が根強い1980年代アラバマ州、犯してもいない罪で死刑宣告された黒人の被告人ウォルターを助けるため、新人弁護士ブライアンは無罪を勝ち取るべく立ち上がる。しかし、仕組まれた証言、白人の陪審員たち、証人や弁護士たちへの脅迫など、数々の差別と不正がブライアンの前に立ちはだかる。果たしてブライアンは、最後の希望となり、彼らを救うことができるのか―!? 可能性0%からの奇跡の逆転劇に挑む!

「黒い司法 0%からの奇跡」
2月28日(金)公開
監督:デスティン・ダニエル・クレットン
出演:マイケル・B・ジョーダン
ブライアン・スティーブンソン/マイケル・B・ジョーダン
ウォルター・マクミリアン/ジェイミー・フォックス
エバ・アンスリー/ブリー・ラーソン
オシェア・ジャクソン・Jr.
ロブ・モーガン
ティム・ブレイク・ネルソン

「黒い司法 0%からの奇跡」オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/kuroi-shiho/


「インターステラー」はSFドラマ(宇宙探査)と人間ドラマをクリストファー・ノーラン監督が見応えのあるイイ映画に!大スクリーンでは、ちょっとした宇宙旅行気分!

2014年11月に公開のオススメ映画は、「インターステラー」を見た。

「ダークナイト」「インセプション」クリストファー・ノーラン監督によるオリジナル作品とあって、単なるSF映画や宇宙探査のCGがバリバリの映画にはなっていない。CGを少なくするように作ったらしい。

宇宙のことは詳しくは知らない。4次元や5次元?ワームホールを通ると?ブラックホール?と出てきますが、詳しくなくても大丈夫です。もっとヒューマンドラマ寄りの映画です。

ストーリーは、世界的な飢饉や地球環境の変化によって人類の滅亡が迫る近未来を舞台です。地球の寿命が来る。そこでは、アポロ計画の有人飛行さえも都合の悪いから、違う話にされている。空軍もなくなるほど。食糧難が凄いことになっていた。そこで、地球では住むことは出来なくなるから、地球以外の星に住む場所を探しに宇宙探査に行くことになる。この宇宙探査もSFだから、スタートレックのような宇宙船は出てこない。そこまで現実離れしすぎることも無い程度のSFでした。これが見入ってしまう要素の一つです。

3時間もあるので長い映画だと思っていたが、長くはなかった。最初の方のシーンの一つ一つが無駄になっていない。ストーリーが進むにつれて、あのシーンはこのシーンにつながっている。SF映画でもあり、ドキュメンタリーのようでもあり、でも、ヒューマンドラマでした。やはり、クリストファー・ノーラン監督は凄いと思わさせてくれる。

主人公のクーパー役のマシュー・マコノヒーさんは、理想的な父親。エンジニアでも、エンジニアを必要としない時代。トウモロコシの農業をして生活をしている。が、子供のためにも宇宙へ行くことする。kの宇宙に行くことを決めるのも、宇宙での行動も凄かった。

この「インターステラー」は、大きなスクリーン、いい音響で見るべき映画です。ストーリーはもちろんだが、SFならではの映像美は大きなスクリーンでないと迫力は半減してしまうだろう。音も体に響く低音が臨場感を高めてくれます。ちょっとした宇宙旅行気分も味わえます。

「インターステラー」は、オススメです!

「インターステラー」
2014年11月22日(土)公開
監督:クリストファー・ノーラン
出演:マシュー・マコノヒー
アン・ハサウェイ
ジェシカ・チャステイン
ビル・アーウィン
ジョン・リスゴー
ケイシー・アフレック
デイビッド・ギヤスィ
ウェス・ベントリー
マッケンジー・フォイ
トファー・グレイス
デイビッド・オイェロウォ
エレン・バースティン
マイケル・ケイン
「インターステラー」公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar//


2014年11月に公開のおすすめ映画は「インターステラー」です。

2014年11月に公開のオススメ映画は、「インターステラー」です。

「ダークナイト」「インセプション」クリストファー・ノーラン監督によるオリジナル作品。ストーリーは、世界的な飢饉や地球環境の変化によって人類の滅亡が迫る近未来を舞台です。

SFですが、娯楽過ぎず真面目すぎず、宇宙のCGもとてもキレイだし、クリストファー・ノーラン監督ということで、オススメです。ヒューマンドラマの要素が強いと思われます。

「インターステラー」
2014年11月22日(土)公開
監督:クリストファー・ノーラン
出演:マシュー・マコノヒー
アン・ハサウェイ
ジェシカ・チャステイン
ビル・アーウィン
ジョン・リスゴー
ケイシー・アフレック
デイビッド・ギヤスィ
ウェス・ベントリー
マッケンジー・フォイ
トファー・グレイス
デイビッド・オイェロウォ
エレン・バースティン
マイケル・ケイン 「インターステラー」公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar//


2011年10月公開のおすすめ映画「ワイルド・スピード MEGA MAX」「はやぶさ/HAYABUSA」「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」「ツレがうつになりまして。」「夜明けの街で」「スマグラー おまえの未来を運べ」

2011年10月公開のおすすめ映画

10月1日公開
「ワイルド・スピード MEGA MAX」(FAST FIVE)
「ワイルド・スピード」シリーズの5作品目です。もちろんキャストはヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースタです!そして、今回はドウェイン・ジョンソンも登場!WWEではザ・ロックがドミニクとブライアンを逮捕するという特命を受けた連邦捜査官・ルーク役です。
今年最大級のカーアクション映画です。カッコイイ・パワーのあるカスタマイズされた車・カッコイイ男・セクシーな女。面白くないなんて、ありえない映画です。
車で見に行く人は、安全運転で帰りましょう!
「ワイルド・スピード MEGA MAX」公式サイト
http://mega-max.jp/
「Fast Five Movie Officia Site」(本家、英語)
http://www.fastfivemovie.com/

10月1日公開
「はやぶさ/HAYABUSA」
2010年奇跡の帰還を果たし、日本だけでなく世界を感動させた小惑星探査機<はやぶさ>の7年間にわたる挑戦と苦闘の日々の物語に基づき描き出す物語。
JAXA(宇宙航空研究開発機構)の全面協力のもと、JAXA相模原キャンパスでのロケもありました。親子で、学生に、理系に興味を持ってくれる人が増えそうな映画です。
監督 堤幸彦
出演 竹内結子、西田敏行、高嶋政宏、佐野史郎、山本耕史
映画『はやぶさ/HAYABUSA』公式サイト 10_1 ROADSHOW
http://movies.foxjapan.com/hayabusa/index.html

10月7日公開
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」(RISE OF THE PLANET OF THE APES)
ピエール・ブール原作のSF映画の金字塔「猿の惑星」を基に、これまでにも映像化されてきたその前日譚を改めて描き直すSFアクション大作。
現代の米サンフランシスコを舞台に、遺伝子操作によって高い知能をもち人間たちを支配しようと企む猿たちがどうなって、どうやって、自我に目覚めて反乱を始めるのか?最新のVFXで、原作では描かれなかった、猿による人間の支配がどう始まったかが新たな解釈で描かれ、楽しみでもあり、遺伝子操作はどうなのか?大人向け映画化もしれない。
監督 ルパート・ワイアット
出演 ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー
映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」オフィシャルサイト
http://www.foxmovies.jp/saruwaku/

10月8日公開
「ツレがうつになりまして。」
「ツレがうつになりまして。」は実話である。作者・細川貂々さんが、夫のうつ病と向き合って暮らした数年間を描いている。最初は周囲に知られたくないと思っていた作者が、「ツレがうつになりまして仕事を下さい!」とカミングアウトしたことで、この本は生まれることになった。夫婦がたくましく成長する物語を、原作のテイストそのままに完全映画化!
温かくなるような映画です。
監督 佐々部清
出演 宮崎あおい、堺雅人、吹越満
映画「ツレがうつになりまして。」公式サイト
http://www.tsureutsu.jp/

10月8日公開
「夜明けの街で」
不倫を忌み嫌っていたはずの中年サラリーマンがふとしたことから派遣社員と恋に落ち、やがて相手から思いも寄らぬ秘密を打ち明けられ、情愛と現実のはざまで関係がねじれていく姿を描くラブストーリー。累計120万部を突破した東野圭吾のベストセラー小説を待望の映画化!
岸谷五朗さん、深田恭子さん、木村多江さんの演技派で、楽しみな映画です。
監督 若松節朗
出演 岸谷五朗、深田恭子、木村多江
映画『夜明けの街で』公式サイト
http://www.yoakenomachide.jp/index.html
 
10月22日公開
「スマグラー おまえの未来を運べ」
砧は借金返済のために、日給5万円という高額の運送屋のアルバイトをすることに。
その金額からしても、普通の仕事ではない。そのリスクのある世界であることをして、どうなるのか?
監督 石井克人
出演 妻夫木聡、永瀬正敏、松雪泰子
映画「スマグラー おまえの未来を運べ」公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/smuggler/index.html 

今年の秋の夜長にはシネコンで過ごすにはイイ映画が揃っています。