Tag: レビュー

「スポットライト 世紀のスクープ」は真のジャーナリストのあり方を思い知らされた映画

映画『スポットライト 世紀のスクープ』予告篇

「スポットライト 世紀のスクープ」を見てきました。

アメリカの新聞「The Boston Globe」の記者たちが、カトリック教会の醜聞を暴いた実話を基に描くスリリングな社会派ドラマで、しっかりとしたドキュメンタリー映画でした。

権力に対してのマスコミやジャーナリストの役目とは?

日本では、カトリック教会という内容なので実感しにくいかもしれないが、地元の昔からある組織で信仰の対象という感じだろうか。そして、反論をする人の方が少ないという影響力がある。そういう組織に対して、調査をして、真実も確認して、報道をするというジャーナリストの真面目な仕事を描いている。

最近のネットニュースのような批判だけ、情報をもらっての報道などとは真逆のジャーナリストの映画です。

映画としては、地味な映画ですが、いい映画です。こういう映画をちゃんと作るのは、アメリカらしい。

この映画を見ると日本のマスコミ・ジャーナリストは何をしているのだろうか?民主主義にはマスコミの力が必要なのに。

「スポットライト 世紀のスクープ」
2016/4/15(金)公開
監督:トム・マッカーシー
出演:マーク・ラファロ/マイク・レゼンデス
マイケル・キートン/ウォルター・“ロビー”・ロビンソン
レイチェル・マクアダムス/サーシャ・ファイファー
リーブ・シュレイバー/マーティ・バロン
ジョン・スラッテリー/ベン・ブラッドリー・Jr.
ブライアン・ダーシー・ジェーム/ズマット・キャロル
スタンリー・トゥッチ
ビリー・クラダップ
ジェイミー・シェリダン
「スポットライト 世紀のスクープ」公式サイト
http://spotlight-scoop.com/


「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」は面白かったけど、後半のストーリーが残念

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」を見てきました。

全体としてはバットマン寄りの暗めな映像でまとめられていました。

最近のバットマンとスーパーマンの映画の予習をしてから見た方がいいでしょう。初めての人には、キャラクターの説明は少ないので、わからないでしょう。

バットマンとスーパーマンの対決のアクションシーンは迫力がありました。もちろんスーパーマンが人間ではないし、強いのですが、バットマンが人間なのに強かった。

ベン・アフレックとヘンリー・カビルの体が前作以上にワークアウトとかで鍛えたようで、凄い体になっていた。

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」では、美人が二人出演しています。レックス・ルーサーの秘書の黒髪でメガネのスレンダーな美女はTAOです。日本人です。存在感がありました。もう一人は、ガル・ギャドットです。ドレス姿もワンダーウーマンもキレイでした。この二人は、今後も楽しみです。

ストーリーは途中までは良かったのですが、バットマンとスーパーマンが最後の対決の理由が他の理由であって欲しかった。アクションは良かっただけに残念。

最後のクラーク・ケントの棺のシーンは感想が別れるところかもしれません。死んでしまったのか?復活したのか?最後の最後に、すこし土埃があったので、復活をするのでは?と個人的には思いました。

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』究極のバトル編 予告【HD】2016年3月25日公開

2016/3/26(土)公開
監督:ザック・スナイダー
出演:ベン・アフレック/ブルース・ウェイン/バットマン
ヘンリー・カビル/クラーク・ケント/スーパーマン
エイミー・アダムス/ロイス・レイン
ジェシー・アイゼンバーグ/レックス・ルーサー
ダイアン・レイン/マーサ・ケント
ローレンス・フィッシュバーン/ペリー・ホワイト
ジェレミー・アイアンズ/アルフレッド
ホリー・ハンター
ガル・ギャドット/ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン
TAO/マーシー・グレイブス
「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/batmanvssuperman/


「新劇場版 頭文字[イニシャル]D Legend2 −闘走−」を見てきました!声優は変わったけど、おもしろさは変わらない!

「新劇場版 頭文字[イニシャル]D Legend2 −闘走−」を見てきました!「頭文字D」を新たに3部作でアニメーション映画化した「新劇場版」シリーズの第2部です。

声優は変わったけど、頭文字Dのおもしろさは変わらない。シネコンのスクリーンと音響で見れるから、エンジン音とか迫力はバッチリです!

なんか藤原拓海くんの性格が少し積極的になったのかな?

バトルは、
FC VS GT-R
ハチロク VS GT-R
ハチロク VS EG-6
です。

そして、感想は結果を知ってはいるけど、バトルシーンは血が騒ぎます!面白かったです!

ただ、約1時間の上映時間は、短すぎる!せめて90分は欲しかった。できれば、2時間ぐらいは見たかった。なので、ストーリーは少なめの内容が残念。

最後にはLegend3の予告編!楽しみだ!

新劇場版 頭文字[イニシャル]D Legend2 −闘走−予告編

「新劇場版 頭文字[イニシャル]D Legend2 −闘走−」
2015年5月23日(土)公開
監督:日高政光
声の出演:宮野真守/藤原拓海
諏訪部順一/中里毅
中村悠一/高橋啓介
小野大輔/高橋涼介
阪口周平/庄司慎吾
白石稔/武内樹
内田真礼/茂木なつき
平田広明/藤原文太
はまやねん
田中シングル
「新劇場版 頭文字[イニシャル]D Legend2 −闘走−」公式サイト
http://www.initiald-movie.com/


「アメリカン・スナイパー」を見ました。アメリカの正義と代償とは?と考えさせられる映画でした。

「アメリカン・スナイパー」を見ました。

クリント・イーストウッド監督です。重みがあって、良かったです。

「アメリカン・スナイパー」は、アメリカの正義と代償をドキュメンタリー映画として、いい映画です。

クリス・カイル役のブラッドリー・クーパーが良かったです。狙撃手である米海軍特殊部隊ネイビー・シールズの隊員クリス・カイルを英雄としてでは無く、軍隊に入隊する前から軍を辞めたあとまで描かれている。戦場での正義と日常生活での正義とは違うと感じさせられます。

アメリカの軍隊をヒーローや英雄とかとして美化している映画ではない。今、中東などで起きている紛争・戦争・内戦で「アメリカン・スナイパー」のようなことが起きているんだろうと思うと、面白い映画ではない。テロリストなどと戦うとは、こういう事も含まれるのだろう。

日本人には現実味の無いかもしれないが、現実だと思って見るべき映画だろう。

「アメリカン・スナイパー」
2015年2月121日(土)公開
監督:クリント・イーストウッド
出演:ブラッドリー・クーパー/クリス・カイル
シエナ・ミラー/タヤ・カイル
ルーク・グライムス/マーク・リー
ジェイク・マクドーマ/ンビグルス
ケビン・ラーチ/ドーバー
コリー・ハードリクト/“D”(ダンドリッジ)
ナビド・ネガーバン/アル=オボーディ師
キーア・オドネル/ジェフ・カイル
「アメリカン・スナイパー」公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/americansniper/


「LIFE!」を見ました。いい映画でした。

 「LIFE!」は、いい映画でした。

まずは、映像が1枚のいい写真が続いているような映像が多くて、キレイな風景の写真集を見ているような映画。オープニングだけでなく、たまに風景に字幕を埋め込んでいるところも作り込まれている。とにかく、映像は美しくて、大きなスクリーンで見たから、旅行をしたような気になってしまう。

ストーリーは、主人公の雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ役のベン・スティラーが、最終号の「LIFE」表紙に使用する写真のネガが見当たらない気付いて、カメラマンを捜す旅へ出る。そのカメラマンが、携帯も持っていなくて、からグリーンランド、アイスランド、ヒマラヤへと探し回ることになる。
この主人公のウォルターは、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技は妄想すること。それでも、カメラマンと写真を見つける。この予想もしていなかった旅で、人生を変えていくのが、よかった。

 「LIFE!」は、30代以上の人が見ると、前向きにやってみようと思えるような映画でした。久しぶりに美しい映像と前向きにしてくれて、シネコンを出るときには、足取りが軽くなっていました。旅に出てみたくなったりします。

オススメの映画です!DVDとか出たら、買いたい。上手くいかなかったり、落ち込んだときに、見たい映画です。

「LIFE!」
監督:ベン・スティラー
出演:ウォルター・ミティ:ベン・スティラー
ショーン・オコンネル:ショーン・ペン
シェリル・メルホフ:クリステン・ウィグ
エドナ・ミティ:シャーリー・マクレーン
テッド・ヘンドリックス:アダム・スコット
トッド・マハール:パットン・オズワルト
オデッサ・ミティ:キャスリン・ハーン
「LIFE!」公式サイト
http://www.foxmovies.jp/life/