タグ: スリープ

Windows8.1からWindows10の無償アップグレードしてみた。Windows7っぽいスタートメニューも復活!使いやすくなった。

LIFEBOOK SHのWS2/MのWindows10無償アップグレードを予約してあったのですが、
Windows 10 ソフトウェアのダウンロード
http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
のMicrosoft Windows 10 のダウンロードからアップグレードをしました。

個人向け Windows 10動作確認情報 – FMVサポート 富士通
http://azby.fmworld.net/support/win/10/info/attention/at0024.html
Windows 10でOmniPassが正常に動作しません。
と、富士通のサポートのページにありました。
LIFEBOOK SHのWS2/Mの指紋認証のソフトがWindows10に対応はしないのが残念です。
この点は、注意が必要です。

Windows10アップグレードのインストールは、順番に進めればいいです。

Windows10

Windows10

Windows10のインストールとかノートンやドライバーのインストールに半日ぐらいはかかりました。

まだまだWindows10アップグレードやインストールの情報が少ないです。

Windows10

Windows10

Windows7っぽいスタートメニューも復活しました!スタートメニューにスマホっぽいメニューが尽かされてような感じで、便利そうです。

しかし、シャットダウンや再起動はどこにあるのか?

Windows10

Windows10

左下のWindowsのロゴを右クリックで、設定関連のメニューと「シャットダウンまたはサインアウト」からサインアウト・スリープ・シャットダウン・再起動の項目が使えます。

タスクマネージャーを見てみましょう、

Windows10

Windows10

メモリとかはどれくらい使っているのでしょうか?起動後のソフトを起動する前の状態です。

10GBのうち約3GBぐらいを使っています。そんなに多くは使っていなかった。

Windows10の第一印象は、軽量化され起動も少し速くなり、スタートメニューも復活し、使いやすいOSになっています。window8.1からは、環境が整えばWindows10に早めにアップグレードをしたいです。Windows7からは、無償アップグレードが終わる前まで待ってもいいんじゃないかと思います。


docomo ARROWS X F-10DのNX!エコで、電池持ち改善

docomo ARROWS X F-10Dで、画面の設定の「スリープ」と「水平時すぐにロック」の項目を設定しても、「X!エコ」で節電の設定の方が有効になってしまうような気がします。

ARROWS X F-10D画面の設定

ARROWS X F-10D画面の設定

ARROWS X F-10D画面の設定

ARROWS X F-10D画面の設定

「スリープ」が画面が消える前の項目。
「水平時すぐにロック」 が水平にして、画面がロックされてしまう項目。

そこで、 ARROWS X F-10Dの「NX!エコ」の設定を見直すことにしました。
「通常エコモード」にしていたのを「オリジナルエコモード」に変更。

ARROWS X F-10D NX!エコの設定

ARROWS X F-10D NX!エコの設定

エコレベルしていを 「オリジナルエコモード」の「編集」から、詳細を設定。

ARROWS X F-10D NX!エコの設定

ARROWS X F-10D NX!エコの設定

「オリジナルエコモード」の設定画面1(上半分)

ARROWS X F-10D NX!エコの設定ARROWS X F-10D NX!エコの設定

ARROWS X F-10D NX!エコの設定

「オリジナルエコモード」の設定画面 2(下半分)

ARROWS X F-10D NX!エコの設定

ARROWS X F-10D NX!エコの設定

ARROWS X F-10Dの「NX!エコ」の設定を「通常エコモード」から「オリジナルエコモード」にして、設定変更によって、エコレベル?葉っぱマークが2.5枚に増えました。デフォルトで入っているアプリでも、バッテリーの持ちの改善が出来ます。少しはスマフォのバッテリー切れ対策が無料で可能です。

「充電中はエコモードを解除する」 は、充電をするときやしなくなるときのたびに切り替えの処理が発生するので、オフにする設定をオススメします。いちいち処理中の画面が出るのが邪魔なんです。