タグ: 7位

2014年インディカー開幕戦はW.パワーが優勝。佐藤琢磨は7位

2014年のセント・ピーターズバーグで開催されたベライゾン・インディカー・シリーズの開幕戦。

ポールポジションをAJフォイトの佐藤琢磨が獲得。序盤をリードするもペース上がらず、7位で開幕戦を終えた。残念。

優勝は、チーム・ペンスキーのウィル・パワーが優勝。

2014年ベライゾン・インディカー・シリーズ第1戦セント・ピーターズバーグ決勝リザルト

Pos. No. Driver Team Engine Laps SP
1 12 W.パワー チーム・ペンスキー C 110 4
2 28 R.ハンター-レイ アンドレッティ・オートスポート H 110 3
3 3 H.カストロネべス チーム・ペンスキー C 110 10
4 9 S.ディクソン チップ・ガナッシ C 110 5
5 77 S.ペジナウ シュミット-ハミルトン H 110 14
6 10 T.カナーン チップ・ガナッシ C 110 2
7 14 佐藤琢磨 A.J.フォイト・レーシング H 110 1
8 19 J.ウィルソン デイル・コイン・レーシング H 110 16
9 67 J.ニューガーデン サラ・フィッシャー・ハートマン H 110 22
10 8 R.ブリスコ チップ・ガナッシ H 110 9
11 17 S.サーベドラ KVAFSレーシング C 110 11
12 7 M.アレシン SMPレーシング H 110 15
13 11 S.ブルデー KVSHレーシング C 110 13
14 15 G.レイホール レイホール・レターマン・ラニガン H 110 21
15 2 JP.モントーヤ チーム・ペンスキー C 110 18
16 20 M.コンウェイ エド・カーペンター・レーシング C 110 12
17 34 C.ムニョス アンドレッティ・オートスポート H 110 7
18 18 C.ヒュータス デイル・コイン・レーシング H 110 17
19 27 J.ヒンチクリフ アンドレッティ・オートスポート H 109 19
20 83 C.キンボール チップ・ガナッシ C 108 20
21 98 J.ホークスワース BHA H 接触 8
22 25 M.アンドレッティ アンドレッティ・オートスポート H 接触 6

※C=シボレー、H=ホンダ


2011F1マレーシアGPはベッテル優勝。小林可夢偉は7位。

決勝の結果だけを見るとレッドブルのセバスチャン・ベッテルの2戦連続ポールトゥウィンです。スタートで逃げ切ったのを守りきったのに近いレース展開でした。マクラーレンは予選も決勝でもレッドブルに速さが近づいてきました。フェラーリも決勝では速さを見せました。

小林可夢偉は他のドライバーとは違うピット回数の少ない作戦でした。タイヤも持たせ、マーク・ウェバーとミハエル・シューマッハとバトルもした。チャンピオンに対して、譲らず、いいバトルでした!今年も決勝でのバトルを楽しませてくれますね!ルイス・ハミルトのペナルティもあり、8位でゴールしたのが7位になりました。