タグ: SurLuster

ロードバイクにゼロウォーターをDIYでガラス系ナノコーティング!

ゼロウォーター

ゼロウォーター

MERIDASCULTURA 4000ロードバイクを自分でガラスコーティングしました。

買ってすぐのコーティングなので、洗車をして、コーティング

使ったのは、シュアラスター「ゼロウォーター(150ml)」「ゼロシャンプー」を使いました。

「ゼロウォーター(150ml)」は、車用です。
洗車後、スプレーして拭くだけ。ムラの心配も少なく、誰でも簡単。繰り返し使うことでさらに輝きが増し、汚れに強いボディに。紫外線吸収材を配合し保護効果を高め、ホイールや樹脂パーツなどにも対応。
とメーカーのページにあります。ロードバイクにもクロスバイクにも使えそう。

コーティング前

ゼロウォーター施工前

ゼロウォーター施工前

ゼロウォーター施工前

ゼロウォーター施工前

コーティング後

ゼロウォーター施工後

ゼロウォーター施工後

ゼロウォーター施工後

ゼロウォーター施工後

施工は、洗車をして、スプレーして、拭くだけ。
ロードバイクなので、短時間で終わりました。

写真では、違いはわかりにくくなってしまいました。

まだ1回目の施工というのもあるかも知れません。

数回施工をすると艶が出てくると思います。

見た目もちょっと違うぐらいです。

違うのは、触った感触がつるつるになったと言うことです。これは、汚れがつきにくくなったということかも。

車用なので、ちょっとしか使わなかった。

ゼロウォーター(150ml) ゼロシリーズ SurLuster(シュアラスター)オフィシャルサイト
https://www.surluster.jp/fs/surluster/coating-zero/detail-S-107
ゼロシャンプー シャンプー SurLuster(シュアラスター)オフィシャルサイト
https://www.surluster.jp/fs/surluster/shampoo/detail-S-82


GIANT ESCAPE R3 ブラックトーンのクロスバイクにシュアラスター「ゼロウォーターシート」の1ヶ月後!光沢・ツルツルが効果あり!

今日は、夕方からGIANT ESCAPE R3でサイクリング!

ホームセンターの駐車場で写真を撮りました。

GIANT ESCAPE R3 ブラックトーン

GIANT ESCAPE R3 ブラックトーン

GIANT ESCAPE R3 ブラックトーンのクロスバイクを買って、シュアラスター「ゼロウォーターシート」をしました。すぐに「ゼロウォーターシート」しました。その後、2回ほどシートを使ってコーティングをしてあります。

1ヶ月ぐらいたった使用した感じは、経過もいいですね。

光沢は、コーティングだけあって、何もしていないよりある感じです。

そして、フレームをさわってみるとつるつるも保ってくれています。

雨や走行の汚れなども簡単に落としやすくなってきています。

普段はクロスで拭けばキレイになる。

走行前に、手軽に「ゼロウォーターシート」のシートで掃除とコーティングが出来るのは便利で楽ちんです。

しかも、シートは使い捨てなので、拭いてすぐに走りに行ける!後片付けが楽です!

SurLuster
http://www.surluster.jp/
ゼロウォーターシート 商品情報 SurLuster
http://www.surluster.jp/products/coating/coating_0007.html


GIANT ESCAPE R3 クロスバイクにシュアラスター「ゼロウォーターシート」でガラスコーティングをしてみた。ツルツルになった!

GIANT ESCAPE R3 2015を買って、1週間。

クロスバイクを洗車しようかな。

ホームセンターにママチャリで買い物に行きました。なぜなら、荷物が多いからです。カゴがあるのは買い物に便利です。

ゼロウォーターシートとクロス

ゼロウォーターシートとクロス

シュアラスター「ゼロウォーターシート」とマイクロファイバーのクロスと紙のクロスです。

マイクロファイバーのクロス

マイクロファイバーのクロス

マイクロファイバーのクロスが3枚入っています。

クロス「RAGS」

クロス「RAGS」

キッチンペーパーっぽいですが

クロス「RAGS」

クロス「RAGS」

説明は仕事向けに使っている。丈夫です。破れにくいから、毛羽立ちにくいし、注油にも使えそうです。洗車には十分な強度です。ホームセンターだから、200円ぐらいとコストパフォーマンスも高い!

ゼロウォーターシート

ゼロウォーターシート

自動車用です。が、クロスバイクにも使えるだろうとシュアラスター「ゼロウォーターシート」を買いました。
撥水ではなく、親水水引きコートタイプを選びました。

ゼロウォーターシート

ゼロウォーターシート

クロスバイクに自動車のようにコーティングの手間を掛けるのは大変だし、ホースで洗車をするのも面倒で、ずぶ濡れにしたくも無い部品もあるからシートタイプコーティングです。

ゼロウォーターシート

ゼロウォーターシート

で、自動車用で全塗装対応なら、クロスバイクのフレームとかいけそうな気がする。

しかも、クロスバイクは買ったばかりで、汚れもちょっと洗えば落ちるレベルです。

まずは、シュアラスター「ゼロウォーターシート」コーティングをする前。

ガラスコーティング前

ガラスコーティング前

シュアラスター「ゼロウォーターシート」コーティングをした。

ガラスコーティング後

ガラスコーティング後

写真では違いはわかりにくいですが、触ると塗装のつるつる感は違いました。ツルツルになったから、汚れも落ちやすそうだし、メンテナンスの注油などの油汚れからも守ってくれると良いな。光沢度アップ!映り込みのエッジもくっきりしてきた。

シュアラスター「ゼロウォーターシート」で使えない部分は布地・皮革・ゴムパーツには使用できません。ボディ以外にも使用可能。ウィンドウガラス、樹脂パーツ、ホイールにも使用可能。ということらしいので、フレームやスポークやシートポストなどにもしてみました。

掃除とコーティングが一緒に出来るのは便利です。

クロスバイクに、コーティングまでするのか?と思うかもしれませんが、クロスバイクを日の当たる屋外に置くし、カバーはしない。こういう置き場所では、太陽の日差しでのダメージは馬鹿に出来ない。ならば、手軽にコーティングかワックスをするべきだろう。撥水タイプでは、水玉ができて、あとあと塗装にダメージが。やはり親水タイプで、水が流れる方を選びました。ということで、シュアラスター「ゼロウォーターシート」を選びました。10枚で1000円ぐらい。自動車用だから、1枚もあればクロスバイク1台分には十分。1回100円ぐらいと、コストパフォーマンスは高いです!オススメです!

SurLuster
http://www.surluster.jp/
ゼロウォーターシート 商品情報 SurLuster
http://www.surluster.jp/products/coating/coating_0007.html